トラックの「幅寄せ」がかっこ良すぎる!!


運転中の「幅寄せ」といえば,

嫌なことの一つですが,

生まれて初めて,「素敵な幅寄せ」を知りました。

トラック運転手の機転がネットで大反響  事故を未然に防ぐ 2014年12月20日 15時43分


この幅寄せがなかったら,カメラ車載車が事故車に激突する可能性はかなり高かったと思います。

たとえ激突しなかったとしても,

急ブレーキを踏むことは避けられず,

後続車の玉突き事故に発展することも考えられます。


このトラックの運ちゃんの

F1のトップレーサーのような「視野の広さ」や

サッカーの名司令塔ジダンの全盛時のキラーパスのような「とっさの機転」は,

考えてできることではないですよね。

人間性も含めた,総合的なものだと思います。


(もしかしたら,運ちゃんがウトウトしていてカーブを直進してしまって,

ハッと気づいてハンドルを戻したのが,

偶然すばらしいタイミングになった可能性もありますが,

まあ,それはないと思いたいです)


今日は,すばらしいニュースを観ました!













身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる 内田樹 著




カンの正体 「直勘力」で逆境に強くなる 桜井章一 著















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

スマートノートを3年続けると,ウツ傾向が治る?!~ギークガールコレクションNo.2 女子大生ゆずさん~

一年ちょっと前に,

「今まで学んだ幾多の思考術の中で,過去最大のインパクト」

といって,スマートノート術をご紹介したことがあります。

 記事→【動画まとめ】岡田斗司夫 スマートノート術~過去最大のインパクト→思考力・発想力を鍛える~



いまだに,この思考法をフルに活用させて頂いていますが,

昨年12月の岡田斗司夫ゼミ冒頭の10分間で,

「スマートノートを3年続けて,ウツ傾向が出なくなった」

という女子大生のゆずさんという方のスマートノート体験談がありましたので,ご紹介します。




岡田斗司夫と聴衆を前にテンポよく話せるのは,

まさにスマートノートで3年間アウトプットしてきた成果が出ているなぁ,

と感じました。


それと,

ゆずさんのノートを見ると,

「ノートって,一人ひとりで個性が出る」

とあらためて思いました。



まあ,当たり前ですよね^^;












本当に読んで良かった!と今だに思っている一冊。


あなたを天才にするスマートノート

最初は優しい語り口なんですが,読み進めるにつれて,とんでもないところに連れて行ってくれます。

(岡田斗司夫さんの著作って,後半,底が見えなくなるところにつれていってくれるんですよね。

 彼の知識,脳内シナプスの結合路の深さですね)





冒頭でもご紹介しましたが,この本の元ネタになったらしい講演の動画です。(僕はこの動画を見てから,本も読んで,理解が深まりました)

 こちらの記事にまとめてます→【動画まとめ】岡田斗司夫 スマートノート術~過去最大のインパクト→思考力・発想力を鍛える~












【関連記事】

 ・岡田斗司夫さんの給料。年収は408万円 ~収入を公開する人がこれからの世界をつくる?!~

 ・「定義」とは『楽』をするためにショートカットを作ること~(慶應義塾大学での岡田斗司夫講演 第三弾)

 ・言葉で捉えるからこそ、「面白い段階」へ行ける

 ・批評の方法は「5つの視点」で(2013年1月岡田斗司夫ゼミより)

 ・【動画まとめ】2013年以降の基礎教養「中学生からの評価経済社会」













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「宮崎駿×半藤一利」 昭和史から,現代を学ぶ気にさせてくれる対談

宮崎駿監督が引退会見の中で,

「歴史の見方を僕みたいなバカにも教えてくれる」

と語っていた半藤一利さん(「昭和史 1926-1945」などで名高い)との対談動画を見ました。

130803 SWITCHインタビュー 達人達「宮崎駿×半藤一利」(59:24)


ふたりの会話は,とても濃密でした。


興味深かったのは,

半藤さんが提唱する

「80年周期説(40年かけて良くなり,次の40年かけて悪くなる)」

です。

そして,今は「悪くなる」真ん中の時期だとのことです(「失われた20年」ではなくて,これがあと20年,さらに続くとのこと)



神田昌典さんが「2022―これから10年、活躍できる人の条件」で取り上げていた「70年周期説」とも近い感じです。



両者の共通点は,

今の時代は戦後の混乱期,

 破壊 → 復興・発展

といった流れの期間


ということです。




たしかに我々も,

「正解の見えない時代」

ということは,感覚的に感じますよね。



半藤さんの本,挑戦してみようかな,という気にさせられました。(昔,「昭和史 1926-1945」を手に取り,挫折したことがあるのですが^^;)









この対談,なんと,

未公開部分も含めて書籍化されています。



半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義












【関連記事】

 ・意識的メッセージは,映画に込められない(宮崎駿監督 引退会見ノーカット映像より4)

 ・アニメーションとは,世界の秘密を覗き見にいくこと(宮崎駿監督 引退会見ノーカット映像より3)

 ・宮崎駿監督がアニメを創っていて,一番良かったことは?「超一流」とは「素人」を言い換えた言葉(宮崎駿監督 引退会見ノーカット映像より2)

 ・超一流の引き際に観た「鎖国力」 (宮崎駿監督 引退会見ノーカット映像より1)

 ・まだ体験していない者は,ごちゃごちゃしゃべるな!(宮崎駿の「風立ちぬ」を観て)











テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

(本)空気を読むな、本を読め。~なんとなく分かった気になっている読書術について見直せる良書~

最近、小飼弾の「読書三部作」を読みました。

今日は、その中で一番早く出版された一冊をご紹介します。


それはつまり、

「小飼弾さんが読書について一番に伝えたいこと」

が詰まっている本ということだと思いです。



自己啓発本好きな人には(=私)、ある意味「とても痛い本」でした。


また、

私が普段読まない「フィクション系の本」についての言及が、かなり参考になりました。




空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)




以下、本から抜粋。


・まず、「読書は情報のダウンロードではない」と、これをきっちり頭に叩きこんでください。
 そういうことはコンピュータにやらせたほうがよっぽど速い。 (P78)



・内容を消化しながら自分のなかにオリジナルな知の世界をつくっていく。これが読書です。だから、読書の質は、読む前と読んだ後にどれだけ自分が変わったかで測ることができます。 

 どれだけ変わったかを確認するには、アウトプットをするのがいちばんいいでしょう。 (P93)



・たいてい日本の大企業の創立者なり社長なりは、自伝などの本を書きます。そして、それが従業員を洗脳する道具として使われる。

 いろいろな創立者の著作を読みましたし、得るものもありましたが、鵜呑みにしてよいものは一冊もありませんでした。自分の頭で考えられない人にとって、本はむしろ毒なのかもしれない。それをいちばん実感しやすいのが、社長本なのかもしれません。 (P60)



・読んだ本が一日50冊を切ると、「ああ今日は本を読まなかった」という感覚になったものです。当時は読むのに今の倍近く時間がかかっていましたが、たぶん平均すると6時間くらいは読書にあてていました。



・いわゆる「速読本」数多く存在しますが、本の情報を上手に消化させるような「特攻薬」ではありません。しかし、「特効薬」(ノウハウ)が登場する可能性は否定できません。 (P81)



・ノンフィクションとフィクションでは読み方が違う (P85)

 ノンフィクション → 論文型

 フィクション   → 物語型





ノンフィクションは構造を読む。これに尽きます。
 構造がわかれば読めたも同然です。

 ノンフィクションに限れば、内容が目次を裏切っているような本はクズ本です。それはつまり、論点を整理しきれていないということですから。 

 読書体験を積めば積むほど、目次を読んだだけで読み終えた気がしますが、それは、ノンフィクションという本の性格によるものなのです。 (P84)



・フィクションはリスクが高いからこそ、若いうちに読んでおくべきなんです。時間がたっぷりあるときに。そう、不況のときにでも。 (P90)




・星新一・小松左京・筒井康隆の作品はすべて「当たり」でした。ノンフィクションは大人になってから読むようになり、どちらかというと「忙し読み」。当然といえば当然ですが、幼い頃のほうが「遊び読み」ができていました。


・読書のスターターに勧める作家として、星新一はものすごくありがたい存在です。

 彼の作品は読みはじめるとすぐにその世界へ入り込める。それは、年齢を重ねてからでも変わりません。読めば読むほど星新一のすごさがわかります。 (P158)



・もうひとり、すごいなと思う作家は宮部みゆき。いちばん長い作品でも、上下巻くらいの分量でおさめてしまう。そのうえ、よくあれだけテーマの異なるいろいろな話を書けるものだと感心してしまいます。 (P159)




・その意見を受け入れられないと思ったら、なぜ自分は受け入れられないのかを自分に対して説明しなければいけないから、思考力も鍛えられる。この習慣は、ぜひ身につけてほしい。 (P135)






「読書は情報のダウンロードではなくて、
自分のなかにオリジナルな知の世界をつくっていくこと」

ということは、当たり前のようではありますが、つい、忘れがちなこと。



今回の本で一番ガツンときた部分です。

肝に銘じておこうと思います。














【三部作のうちの他の二作】

 
 本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする〝読自〟の技術






 
 新書がベスト (ベスト新書)















【マイセレクト関連記事】

ノンフィクションの翻訳書を読むコツ(岡田斗司夫さん曰く)

「定義」とは『楽』をするためにショートカットを作ること~(慶應義塾大学での岡田斗司夫講演 第三弾)

本の書き方 父親=編集者 母親=著者 (「岡田斗司夫さんのスマート読書・本はやっぱり面白い!」より)

【動画まとめ】岡田斗司夫 スマートノート術~過去最大のインパクト→思考力・発想力を鍛える~














テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

選挙に行こう!→「戦争のつくりかた」(かわいくも本質を突いたウェブ小冊子)

さきほど、選挙についての投稿をアップしました。

目からウロコの2つの投票戦略→ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること



その後の2時間、さらに情報収集しています。


その中で、特に気になったのがコレ→絵本「戦争の作り方」


ウェブ絵本ですが、日本がかつて戦争に向かっていった過程がシンプルに、淡々と述べられて一気に読ませます。





そして、

高木新平さんのリツイートがとても気になりました。


選挙に行こう!!


と思いました。





以下、引用です。


高木 新平 @よるヒルズ編集長 ‏@Shimpe1
今回の総選挙は鬱になる選挙だ…。投票に行きたくない気持ちも分かる。しかし、あの治安維持法のような自民党改憲案と、それに賛同する日本維新の会を野放し・黙認すると本気でやばいと思う…。根っこから個人の権利が奪われ、中国との大戦争に巻き込まれる。投票はまだ間に合う大事な拒否表明です。





盛田隆二 / Ryuji Morita ‏@product1954
【重要】自民党の支持率は21%。大敗した09年の22%より低い。それなのになぜ「単独過半数」が濃厚なのか?答えは明白。支持政党なし層が62%もいるからだ。だから有権者の2割が投票するだけで自民党は過半数を確保できる。本当は6割の支持政党なし層が選挙の鍵を握っている。投票に行こう!
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート







Koichi Kawakami ‏@koichi_kawakami
今回の選挙は脱原発が最大の争点と考えているが、選挙期間中によりによって憲法改正という大問題まで浮上してきた。これに危機感を感じない人は歴史を学んだことがないのではなかろうか?”「戦争のつくりかた」~池田香代子さんによる読み聞かせ” http://togetter.com/li/422701
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート

これ、ものすごく考えさせられます。

 →絵本「戦争の作り方」


「戦争のつくりかた」~池田香代子さんによる読み聞かせ






高木 新平 @よるヒルズ編集長 ‏@Shimpe1
超大事だったので大量にRTした。



3時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
小選挙区制で政治家を人物で選ぶなんてできない。候補者は全て党執行部が一存で決める。地域の事情など無関係だ。落下傘候補も落とす。そして、選挙はマスコミが吹かす風で決まる。テレビが選挙を仕切る。中選挙区制時代は人物で選ぶ要素が確かにあった。今はなくなった。「政治改革」でそうなった。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


4時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
朝日の11面で、曽我豪が「日本の政党政治はいつ、最低限の秩序を作ることができるのでしょう」などと書いている。いいかげんなことを言うなよ。70年代の政党政治は、今よりよっぽどまともだった。政党は国民の方を向いていた。規律もあった。お前らが「政治改革」でそれを壊したんだ。#asahi
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


5時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
選挙の結果が出て、安倍自民の圧勝と石原維新の躍進が確定したら、マスコミの論調はガラリと変わる。自民党の改憲草案が社会の基本線になる。マスコミは世論調査で安倍新政権の支持率を80%強にする。選挙中はやらなかったくせに、同時に改憲の是非を問う世論調査をやり、賛成を7割にするだろう。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


14時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
目が冴えて眠れない。明日(と言うか今日)の夜は寝られるだろうか。7年前、9月11日の夜、神経が興奮して朝まで起きていたことを思い出す。まだTwitterはなかった。ファシズムの時代の到来を感じ、「改革ファシズムを止める」運動を始めることになった。今回はどうだろう。切迫感が強い。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


15時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
要するに今度の選挙が1932年11月のドイツの選挙と同じですよ。そこから4か月後に全権委任法が成立、ナチスの独裁体制と恐怖政治が始まる。石原慎太郎は、日本は軍事政権になるべきだと明言している。今度の選挙が、後世の歴史において、日本人が民主主義の選挙でファシズムを選んだ選挙になる。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


15時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
中国と戦争になるとは思わないだとか、改憲はもっと先だろうとか、徴兵制なんかあるはずないとか、平和ボケした人間が本当に多い。よく考えなさいよ。1年前に、改憲を争点にした総選挙になると思ってましたか。最低賃金撤廃だの核武装だの、政党の公約としてポンポン出る選挙があると思ってましたか。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
「領空侵犯」の件、何で田岡俊次がマスコミに出て疑惑を告発しないんだろう。宮古島のレーダーサイトの能力や、偵察衛星とイージス艦による東シナ海全域の監視体制が、常に中国機の動きを捕捉して領空侵犯を防いできた事実を説明すればいいのに。買収されたんだろうか。それとも脅迫を受けているのか。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
悪い予感が。もしこれが謀略工作だったとしたら、主謀したのは空自で、南西航空混成団が実行部隊ということになる。皆さん、Googleで「南西航空混成団」の画像検索をかけてみて下さい。あの有名な御方の顔が出て来て、ギョッとした気分にさせられる。息のかかった元部下がたくさんおられるはず。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
昨年度だけで156回も中国機へのスクランブルがあったという事実を、テレビ報道は一言も言わない。この問題で最も重要な事実を報道しない。大越健介のNW9も、古舘伊知郎のテレ朝も、これまで中国は海からだけで、空からの接近はなかったと説明している。中国の脅威を煽る宣伝工作に徹している。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
昨夜の大越健介のNW9は、自衛隊OBを出演させ、いよいよ中国が海から空に侵入目標を広げ、海保(警察)ではなく自衛隊を引っ張り出す軍事挑発に出て来たとプロパガンダした。大嘘もいいところだ。中国機へのスクランブルは昨年度だけで156回。スクランブルをかけてなきゃ領空侵犯されている。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
承前)これは安倍晋三を勝たせて改憲させるための自衛隊とマスコミの謀略だ。低空飛行でレーダーに捕捉されないのなら中国機はとっくにそれを試みている。http://p.tl/ejd6 子供騙しを言うんじゃないよ。 選挙の直前に「領空侵犯」させ、騒いで空気を右傾化する謀略工作だ。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
自衛隊とマスコミに騙されてはいけない。疑惑は疑惑として声を上げないといけない。満州事変でも上海事変でも国民は軍部に騙された。疑惑の根拠はこれ http://p.tl/ejd6 だ。 中国機へのスクランブルは2日に1度の日常茶飯事。何で選挙の3日前に「低空飛行」になるのだ。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート





たまには真面目な投稿も、ね。













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

目からウロコの2つの投票戦略→ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること

本日は選挙ですね。

いわゆる無党派層である僕は(そして多くの若者は)、自分の一票の無力さ、

それ以上に現行の選挙に対する絶望感やらドーデモイイ感をも感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。



でも、先日、

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方の著者であり病児保育NPO法人フローレンス代表として有名な駒崎弘樹さんのブログに、

「選挙に行かない男と、付き合ってはいけない5つの理由」

という熱い(そして僕みたいな人間にとっては、実に耳の痛い)投稿があり、

「やっぱり、選挙はちゃんと行かなきゃなー」

と思いました。


また、

政治をポップに 若者の共感得たネット選挙運動のコンセプト考案した24歳語る

という高木新平さんの記事を読むと、

頑張ってる若者もいるんだなー

とも思います。





でも、でも、

なんか、

自分の一票が、どう生きるの?

と、どーしても思ってしまう自分もいたりします・・・(~_~'')





そんな悶々とした気分の中、以下の二つの投票戦略が「なるほど!」と思いました。


まずは岡田斗司夫さんの今日の投稿、「岡田斗司夫の投票戦略」から。


ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること。



岡田斗司夫さんによると、

 まず、各政党や候補者の意見を調査する。
A: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がある場合
 そこに投票する。当たり前だね。

B: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がない場合
 日本共産党に投票する。(ただし、国会議員の10%を超えそうになったら、この戦略は辞める)



ということです。

なるほど~

と思う戦略でしたので、良かったらご一読ください→「岡田斗司夫の投票戦略





そして次に、

以外と盲点だった(思考停止していた)のが国民審査。

最高裁裁判官の国民審査をどうする? 江川 紹子

によると、

「(10名の裁判官を知らない前提で)白票のまま出すのは、『彼らを知らないまま』信認してしまうこと。

 だから、無記入ではなく、×をつける。本来私たちに分かりやすく説明すべき裁判官たちが、その義務を果たしていないから「分からない」。なので、そういう裁判官達、10人全員に×をつける」


「×をつけるのにどうしても抵抗があるという人は、投票用紙の受け取りを拒否し、国民審査のみを棄権する」



とにかく、これまでのように「分からないから」と漫然と無記入の用紙を投じることはやめよう。これでは、国民審査のあり方を変えようという動きすら生まれない。今回こそは、何らかの形で、ぜひ意味ある意思表示をしたいものだ。


ということです。

これはこれで、納得感がありました。



今回、僕は上記2名の意見を参考に投票してみようと思ったのです。





それにしても岡田斗司夫さんの思考法には毎回感心させられます・・・。



さあ、では、これから投票に行ってきま~す。









【マイセレクト関連記事】

 ・選挙に行こう!→「戦争のつくりかた」(かわいくも本質を突いたウェブ小冊子)

 ・ 「岡田斗司夫のスマートノート術」動画まとめ(岡田斗司夫さんの思考術)

 ・言葉で捉えるからこそ、「面白い段階」へ行ける(by岡田斗司夫)

 ・ 「論理」とは何か?~岡田斗司夫いわく、「ごく単純な一能力でしかない」~

 ・村上春樹の習慣術(と観察法) ~とにかく自分をペースに乗せてしまう~

 ・ディズニーランド(私有地)内での無許可な海賊生放送はOKか?→法律がデバイスの進化に追いついてない?!







【追伸】17:20

選挙に行ってきました。

岡田斗司夫式選挙戦略の盲点を発見!!



それは、

東京都知事選には共産党候補がいないこと(笑)

です。(これ、あってますか?少なくとも党名はありませんでした)




それと、

出口調査で三人もの新聞記者?がいて、

「すいません。毎日新聞です。お願いします」

と言われたのですが、断ってしまいました。



ワクワク追求していることでないので、

「思考が深くないし、あまり関わりたくない」

という瞬時の反応が自分の中で起こっていたことに気づきました。






【追伸2】23:20

結果は、自民党の圧勝。民主党の完敗でした。

各党首らとの対話動画があります。

 →池上彰さんがテレビ東京の選挙特番でやりたい放題だと話題に

池上さんの切込隊長ぶりがものすごいです。









 この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義
 







テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

言葉で捉えるからこそ、「面白い段階」へ行ける

アドヴァイタ、禅、そしてスピリチュアルな世界の人々と接していると、

「言葉では表現できません」

とか、

「思考しても無駄です」

と言って、思考を放棄している方がとても多い気がします。


では、その人は言葉・思考を回避して、はたして幸せになっているのか?

それらの教えが示す所に到達したのか?


どうも、そうではないようです。


中途半端に煮え切らない思いを抱えたまま、

世間にも溶け込めずに、暗い表情でたたずんでいるように見えます。




まずは、言葉による理解が大事だと思うのです。

なぜか?

言葉で納得しないと、その先に飛ぶ決意と勇気が起こらないからです。


理解しないまま、「在る」「気づく」に徹することができる人を今までに見たことがありません。


前世紀のインドなど、情報も限られ、素朴な状態の人々であったらそれができるのかもしれません。

でも、現代の日本人は、あまりに多くの情報にさらされすぎています。





今日見た岡田斗司夫さんのライブで、興味深い発言を聴きました。


ツイキャス:2012年11月12日(月)テスト放送「悩みのるつぼと読書」

(34:19から)



決して、理屈で説明はできない。実は。

僕がこれだけ言葉を駆使して、言葉を使う人間だからこそ分かるんですけど、

それは説明しようとすると、ものすごい勢いで手から逃げていくんですね。


じゃあ、無駄か?

そうじゃあない。


光というものが「粒子」と「波動」という性質があって、

「波動」というかたちで捉えようとすると、「粒子」の側面ばかりが見えちゃう。

「粒子」の側面で光を捉えようとすると、「波動」の側面が大きく見えてくる

みたいなもんで、

まずは理屈で捉えないと、どうしようもない。


まずは理屈で捉えて、

お互いの理屈で「分かり合った」ところから、

「わからない」が始まる。


この「わからない」がすごく面白い
のであって、

最初から「言葉では無理だ」と言ってたら、

面白い段階にいけないですね。




その「わからない」を捉えてこそ、ようやく次の段階に飛ぶことに全力を尽くすことができる

という求道の勘どころのメタファーとして岡田さんの言葉をとらえることができるような気がします。



まだ、当分は岡田斗司夫さんを追うのをやめられそうにないようです。











■僕が何十冊と読んできた思考術・論理術の中で、現在ナンバー1の本。
 「論理学」ではなく「楽しく使って愛される論理実践法」です。
 
 あなたを天才にするスマートノート(岡田斗司夫 著)







【論理・思考術関連記事】

 ・「岡田斗司夫のスマートノート術」動画まとめ

 ・「論理」とは何か?~岡田斗司夫いわく、「ごく単純な一能力でしかない」~

 ・岡田斗司夫によると「戦闘思考力」と「スピーチ力」の鍛え方は

 ・必要以上に言語・論理にこだわるのは辞めよう~マイケル・サンデルと糸井重里の対話に想うこと

 ・言葉の根と幹は沈黙である(糸井重里さんと養老孟司さんの対談 ほぼ日刊イトイ新聞 - アミノミズム。)

 ・情報発信者・スピーカーが陥る誘惑は、「統一場理論を作りたくなる」こと










テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

【動画まとめ】岡田斗司夫 スマートノート術~過去最大のインパクト→思考力・発想力を鍛える~

私にとって、思考力・発想力といったことについて過去最大のインパクトがあった

「岡田斗司夫のスマートノート術」。


それについて書かれた本「あなたを天才にするスマートノート」だけでなく、

その元ネタとなった「ひとり夜話」動画も、見返してみると新たな発見や気づきがあります。


ただ、一つ問題が。

それは、動画がネット上のあちこちに散見され、しかもナンバーに抜けがあったりして、いまいち見づらいこと。

そこで、「自分のふりかえり用」に整理してみました。




岡田斗司夫のひとり夜話「ノート術」
 In 東京(2009.12.18)より


(01/12)昔のノート

(02/12)ドラクエ→ガイナ設立前夜

(03/12)オカダノート術の進化

(04/12)オカダノートの効用

(05/12)オカダノート助走

(06/12)オカダノート離陸、上昇、...

(07/12)オカダノート面白いとは...

(08/12)オカダノート脳内リンク

(09/12)オカダノート巡航(見識...

(10/12)オカダノート三つの世界
  こちらのアクセスカウンターの話は、耳が痛い・・・(汗)

(11/12)オカダノート(終わり)注目...

(12/12)オカダノート 質疑応答








岡田斗司夫のひとり夜話「vol.6アドバンストノート術」In東京(2010.2.19)
 ~主に左ページの書き方について~

(1/2)キャラを作って
 動画内で岡田さんが「理屈っぽくなるのを避けるためのキャラの動かし方がわかる効率の良い本」と絶賛する小池一夫さんの本
  →「人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-

(2/2)自分にとっての








その他(ノート術について言及されている部分のある動画)

 【夜話】第21弾 「客席との対話」 37/39 ノート術にも助走は重要?

 【夜話】第42弾 ノート術 (2009/12/19、大阪・第4回講演)

 【夜話】第44弾 アドバンストノート術、必ずモテる方法 (2010/2/13、大阪・第6回講演)

 論理的思考のコツ、人見知り克服法、発想の鍛え方>岡田斗司夫のひとり夜話vol.6大阪 #12(10-02-13) 会場からのリクエスト2







◆2013年1月7日追記◆

 これ面白いです!→【スマートノート塾・段位認定】





◆2014年2月5日追記◆
 
 スマートノートを3年続けると,ウツ傾向が治る?!~ギークガールコレクションNo.2 女子大生ゆずさん~





 ※ 他にも岡田斗司夫さんのノート術や思考術関連の良い動画・コンテンツをご存知の方、
   上記まとめの間違えに気づかれた方はお知らせくださると幸いです!








【参考図書】


 (1) 必読の一冊
  
  あなたを天才にするスマートノート (岡田 斗司夫 著)





 (2) 副読本
  スマートノートの左側ページで,どうやってキャラ同士に会話してもらうか?
  岡田斗司夫さんが「とても参考になるので読んでみて」と言ってた本
  
  人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方- (小池 一夫 著)









【思考力・発想力・論理についての関連記事】

 ・「論理」とは何か?~岡田斗司夫いわく、「ごく単純な一能力でしかない」~

 ・「定義」とは『楽』をするためにショートカットを作ること~(慶應義塾大学での岡田斗司夫講演 第三弾)

 ・岡田斗司夫によると「戦闘思考力」と「スピーチ力」の鍛え方は

 ・必要以上に言語・論理にこだわるのは辞めよう~マイケル・サンデルと糸井重里の対話に想うこと

 ・映画「マイノリティ・リポート」に、エゴの大好きな系統樹・論理の欺瞞をみる

 ・言葉の根と幹は沈黙である(糸井重里さんと養老孟司さんの対談 ほぼ日刊イトイ新聞 - アミノミズム。)












テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「論理」とは何か?~岡田斗司夫いわく、「ごく単純な一能力でしかない」~

論理って、そんなに大事でしょうか?

論理って、どれだけ便利なんでしょう?


それを、

男女の起源から解き明かす

岡田斗司夫さんの話が秀逸でした。



(17:00から)



女性が人間本来の姿であり、男は人工生物だと僕は考えています。

「楽しい」「楽をする」ということは、生物本来の「女性」がすること。


僕は今まで、楽しむために「旅行に行く」「アロマを焚く」「ランチに行く」「お茶会する」といった女性が楽しむ行為があまり理解できず

「なんであんなにしょっちゅうお茶とかするの?」

と正直、感じていました。

岡田さんの話のおかげで、その謎が解けた気がします。



男とは、社会を発展させたり、競争させたり、他のコロニーに勝とうとするために、女がわざわざ作った人工生物。


男が女より「力」が強く、「言い争う時のロジックが得意」な理由は、そこにある。



よく

「女はロジックに弱い。だから女は馬鹿だ」

という人がいるけど、

前半は正しい。

だけど後半は違う。



女性は論理的ではない。

なぜか?

(本来)人間は論理的ではないからだ。

人間とは、論理などという単純でシンプルなものに入らない存在なんだ。



禅やアドヴァイタの、いわゆる真我(本当の自分)についての見解とつながってくるようにも感じました。





女性はより原型に近いから、論理的ではない。

男はより単純化して、他のコロニーと競争したり、戦ったりする、

「社会をつくるための専用生物」


だから論理などという「単純なもの」で動ける。


これを聞きながら、

「オレは頭が切れるんだ」とふんぞり返りながら周りを論破し、

結局はいつも自分を一番ラクなポジションに置く男の先輩を思い出しました。




クラウドシティを理屈民族といってるのは、

「俺達が言ってるのは、屁理屈でしかない(真理ではない)」

というのを認めているということ。


論理的である = 正しい = 他人より優れている

という考えは、どっちかというと軽蔑してる。おこちゃまだ。


僕たち(男)は、

論理を操ってしか他人とコミュニケーションが取れない。


それはつまり、

人間が本来持っている様々な能力の『一部しか』使えない

ということ。



欧米人は、母国語の構造もあってとても論理的です。
そしてそんな欧米人の多くは、慢性的な孤独感やさびしさみたいなものを抱えているということを

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ」で読んだことがあります。





論理とは、「ピジン思考」。

(※ ピジン言語:共通語を持たない人々の間に起こる、ある限られたコミュニケーションの必要を満たすために生まれる言語(はてなキーワードより))

つまり、あえて単純化させてる。

だから他人とすり合わせもできるし、より精緻な考え方もできる。

だけどそれは、本当に複雑な概念を操れるものではない




岡田斗司夫さんのおかげで、僕の中の「論理教の呪縛」が、いよいよ薄れていく感じがします。














スティーブ・ジョブズと日本人禅僧との交流の実話を漫画にしたこの本は面白かったです。



ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ











テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ノンフィクションの翻訳書を読むコツ(岡田斗司夫さん曰く)

ノンフィクションの翻訳書を読むコツ。

それは、読み飛ばすこと。


では、何を読み飛ばすのか?


「例示を、模様の一部として読み飛ばす」

のだそうです。


翻訳書は、「考え方のフレーム」を手に入れれば良い。



一方で、

「これでもか、これでもか」と

てんこ盛りされている例示は、主張に沿った都合の良いことばかり。

と岡田斗司夫さんはいいます。



なるほど!たしかにそうですよね。


僕が大好きなコヴィー博士の「7つの習慣―成功には原則があった!」ら、

心理系ビジネス書や脳科学ものなんかも、欧米の本は例示がやたら多い。

それを省くだけで、本の厚さが半分から3分の1になっちゃうんじゃないでしょうか。

まあ、まったく例がないのも理解しづらいと思いますが。



それと、当然といえば当然ですが、主張に沿った例示ばかりが展開されます。




翻訳書はたしかにまどろっこしかった。(結構まじめに読んでました 汗)



この読み方を持っているだけで、心に余裕ができます。


すごく有用な読書法だと感じました。














テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「定義」とは『楽』をするためにショートカットを作ること~(慶應義塾大学での岡田斗司夫講演 第三弾)

「恋と愛と恋愛の違いは?」という質問に対しての回答の中で、

岡田斗司夫流の「定義」についての説明がありました。

それがとても面白い!


「内包的定義」と「外延的定義」といった厳密にしていくノウハウもありますが、

(参考:実践! 専門知識を教えてみよう:第18回 常識的な概念ほど、きっちり定義を考えなければならない (2/3) [開米瑞浩,ITmedia]

岡田さんの「楽して使いまわすための定義」というアプローチは考えたこともなかったし、

なにより便利ですね。




 動画(10:00あたりから)→慶應義塾大学講義3/6


こういう場合、「正確な定義」が必要なわけではない。

混乱なく、一生の間に(そこそこ)使えるツールとして考える。


「定義とはショートカット」

というのが僕の定義


です。


言葉の定義は、しょっちゅう考えます。


「岡田さん、それ面倒くさくないんですか?」

「岡田さんって考えるのが好きなんですね」

と言われますが、とんでもない!!


僕は考えるのを効率よくしようと思うし、すごく面倒くさがりや。


なので

同じことを二回も三回も考えなくても良いように

一番最初の定義段階でしっかり考えるんです。


基礎がゆるゆるだと、建物もしょっちゅう修理しなくてはいけなくてかえって面倒くさいですね。

それより地盤を岩みたいにがっちりしたほうが、上に立てるのがほったて小屋みたいなものでも、

なんとか持つんです。





僕は昔、

論理力、思考術といったものに関して、

強いコンプレックスがありました。


セミナーを受けたり、類書を読み漁ったりしてきましたが、

良書は少ない気がします。



ビジネスコンサルタント系の本もずいぶん手を出してきましたが、

難しすぎて僕には手が負えないものが多かった(◎o◎;)



岡田斗司夫さんが以前、

「論理は、厳密にし過ぎると、使いづらくて仕方がないです」

と言ってきて、それを聞いたときは救われた気がしました。




以下は、そんな「並の頭」の僕が使ってみて本当によかった思考法についての三冊です。(定期的に読み返します)


同じ悩みを持つ人には薦めまくってきました。








■僕の現在の思考術本ベスト1。「論理学」ではなく「楽しく使って愛される論理実践法」です。
 
 あなたを天才にするスマートノート 岡田斗司夫 著







■定期的に読み返す本。「問い」の展開方法や言葉そのものを深掘りする方法など、こちらも非常に実践的。「概念とはサーチライトである」「思考停止に陥らない読書法」など、非常に得るところの多かった本です。
 
 知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ 苅谷 剛彦 著







■開米さんの思考術のキモは、マトリックス化。これ、僕のここ数年のスタンダードです。マトリックス図に落としこむと、必ず抜けがあることに気づき(つまり、わかった気になっていたことに気づき)、びっくりします。
 
 仕事が10倍速くなる最強の図解術 開米 瑞浩 著













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「風穴空けるぜ」と「修復しよう!」~糸井重里と岡田斗司夫の価値観の違い~

たまにこのブログで書いていますが、

岡田斗司夫さんと糸井重里さんをとても尊敬していて、いつも情報をチェックしています。


今夜、夕飯を食べながら

ニコ生岡田斗司夫ゼミ7月号「ニコ生のひみつ」(2012.7.3公開)

の動画をみていたら、偶然「糸井重里さんについて語って」という視聴者のリクエストに

答えていて興味深かった。




(0:28:00 あたりから90秒間くらいで語ってくれています)



「あんまりないなー。

イトイさん怒りっぽい。

すごい怒られたことがあるんだ。

イトイさんは、全共闘世代。

「権力に反抗することが生きていることだ」という基本スタンス。

つまり、

『卒業式で校舎のガラスを割る、それが青春だ!』

といった価値観がある。



オレは、そのあとの世代。


既に世の中の校舎のガラスは割れている。

「じゃあ、

どうやって世の中をまともに運営をするか?」

って時に、

糸井さんみたいに無責任に

「この世の中は息苦しいから、もっと風穴あけようぜ」

って言われると、

「もう風穴だらけなのにどうするの?」

というふうに考えちゃうんだ。


原子力問題、東電とかに、まともな人材を送るにはどうするのか?

といったことを考えるべき時に、

それは、

「風穴空ける」とか、「ロックンロール」とは反対姿勢。


その辺の価値観の違いがまともにぶつかって大げんかになっちゃったんだけど、


ほぼ日の対談で、ケンカした部分が丸々カットされちゃった(笑)

あそこの編集スタッフ、優秀だから、油断がならない(笑)」





これ、2006年のほぼ日刊イトイ新聞での対談なのかな?

プチクリをめぐる歌。

岡田斗司夫さんがレコーディングダイエットを始める前、

まだ、「わがままボディ(笑)」だったころです。




たしかに糸井重里さんはロックな感じですね。


外見とか、かっこ良さ、センス的には糸井重里さんが好きです。


ただ、最近は岡田さんの話術、思考術にぞっこんな私です。






【岡田斗司夫さんの本で良かったもの・オススメの本】





これ、絶版なのがとても惜しい本です。クリエイターの現場を熟知する岡田さんの本音と、「じゃーどうしたら良いか?」という具体策が満載の本です。本田健さんのほんわかしたメッセージだけで終わってしまう本に毒されて?いる方には、ぜひ読んで欲しいです(笑)
(僕がずーっと毒されていましたので・・・)




今でも毎日、スマートノートしています。たしかに、脳内シナプスがどんどん結ばれている実感を感じています。思考術の本を読みまくってきましたが、役に立つ思考法としては、僕のベスト1です。(ちなみにベスト2は苅谷剛彦さんの「知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ」です)








【糸井重里さんの本で良かったもの・オススメの本】


できることをしよう。―ぼくらが震災後に考えたこと



邱永漢さんとの対談本。本から得た知識ではない、実際に行動し、失敗し、体験の中から来る
邱さんの「目からウロコが落ちる」ようなアドバイスの数々とそれに対する糸井さんのコメント。
お金でもなんでも、問題から逃げてちゃだめ。立ち向かうからこそわかるものがありますね。
本当に勉強になりました。













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

糸井重里いわく、「文章を書き続けるコツ」とは、そのままの自分で書くこと。

2012年10月10日の「ほぼ日」

糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの「今日のダーリン」

で、文章を書き続けるコツについて教えてくれています。



ちょうど、家入一真さんの対談

しょせんメルマガなんてディナーショー?―やまもといちろう×家入一真対談【後編】 で、

家入さんが「メルマガ書いてると、書くことが無くなっちゃうんですよね~」

と発言していたこともあって、食い入るように読んでしまいました。





実に味のある回答でした。


どうすればいいのかがわかったのは、
 何年か過ぎてからだったような気がします。
 ひとつは、「じぶん」が書くしかないとわかったこと。
 もうひとつは、「いいこと」なんか書くなよと、
 じぶんに教えてやれたこと。

 たいしたことない人間だから、
 たいしたことないことを書く。

 それ以上のものに見てもらいたいなら、
 それ以上の人間になるしかない。




当たり前といっちゃー、当たり前。

でも、文章で書かれると、ハッとします。



結局、文章に現れるのは、

自分の在り方。



ウソをつこうが、

背伸びしようが、

見栄をはろうが、

読む人には筒抜けなんじゃないかな。







以下は、完全引用版です。(だって、アーカイブされないからだもん!「ほぼ日」さん、アーカイブしてくださいよぉ~!)

 

・たまたま、このところ、
 「ほぼ日、毎日よく書くことがありますね」
 と言われることが多かったので、
 じぶんでも「そういえばそうだな」と思いました。
 ‥‥とね、こんなふうに書きはじめることが、
 毎日なんとか続くコツなのかもしれません。

 「ほぼ日」をはじめたばかりのころは、
 ほんとに困ってしまいました。
 窓の外をぼんやり眺めながら、
 「なんか書くことないものかなぁ」と、
 書くことがやってくるのを待っていました。
 それは雨ごいのようでもありました。
 でも、それは「来ない」。
 だって、じぶんがじぶんの手で書くものなんだから。
 待ってなければ、「来る」ことはあるんですけどね。
 待ってるところには、「来ない」です。

 じゃ、どうすればいいのかがわかったのは、
 何年か過ぎてからだったような気がします。
 ひとつは、「じぶん」が書くしかないとわかったこと。
 もうひとつは、「いいこと」なんか書くなよと、
 じぶんに教えてやれたこと。

 たいしたことない人間だから、
 たいしたことないことを書く。
 それ以上のものに見てもらいたいなら、
 それ以上の人間になるしかない。

 こんな当たり前のことがわかるまで、
 けっこう長い時間がかかるんです。
 しかも、いまでも、たまに欲がでたりしてます。
 「梅干し酸っぱかった」でも、かまわないんです。
 「梅干し酸っぱかった」という話を、どうするか‥‥。
 どうしょうもない、と思ったら、それはボツ。
 そういうことを、毎日やっていくというわけです。
 コツとも言えないけれど、そういうことなんですよね。

 あと、たぶん、ぼくは「おしゃべり」です。
 そうでないと、続かなかったという気はいたします。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ま誰も、毎日なにか書きたいなんて思ってないでしょうが。









インターネット的 糸井重里 著

11年前に、すでに現代社会を予見して「ほぼ日」を始められたイトイさんの卓見に驚き、感激した本です。
文章術についても、そこから導き出し、「読みやすいような話し言葉で書くべき」といったことをすでに提唱されています。僕はこの本を読んで本当に良かったです。数年に一度、読み返したくなります。絶版ですが、機会があったらぜひ読まれてみてください。







ボールのようなことば。 (ほぼ日文庫) 糸井重里 著




















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

映画「オネアミスの翼」を20年ぶりに観て

岡田斗司夫さんの大ファンということもあり、
王立宇宙軍 オネアミスの翼」を20年ぶりに見た。



岡田斗司夫さんの「遺書」イベントを聴いていて、みたくなったのだ。

参考:「岡田斗司夫の『遺言』」イベント第一回音声






王立宇宙軍 オネアミスの翼





【自己評価】★★★


良くも悪くも力作という感じだ。


観ているときに、

「次はどうなる? えっ? 次はどうなる?」

といった期待感が湧いてくる訳ではなく、けだるい午後に見ていたせいもあり、途中で眠くなってしまった。



とはいえ、世界観を作りこむため丁寧に、そして多大なるエネルギーが込められていることを感じた。



しかし、

スター・ウォーズブレードランナーアバターなど、僕の大好きなSFの世界観と比べてしまうと(これらはアニメではないが)、

やはり中途半端な感じがする。



ちょっとズレているというか、

当時の日本を異世界としてストレートに焼き直した設定、

といった印象がした。



キャラクターがあまりかわいくなく、

ストーリーの盛り上がりにも欠ける。



宮崎駿アニメのような突き抜けた爽快感やカタルシスが少ない。




ただし、何度も書くが、

作品に莫大なエネルギーや関係者らの想いが込められていることをひしひしと感じだ。






岡田斗司夫さんの作品作りの手法

「自分の現実の悩みや言いたいことを作品に込める。

その一つのやり方でしか僕らは作れなかったし作ってこなかった」


を作品を通して再確認できた気がする。



力作だった。










「遺言」 岡田斗司夫 著


















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

情報発信者・スピーカーが陥る誘惑は、「統一場理論を作りたくなる」こと

情報発信者・スピーカーが陥る誘惑は、「統一場理論を作りたくなる」こと。



岡田斗司夫さんの言葉に大変納得した。




「統一場理論」とは、

晩年のアインシュタインが目指して、とうとう統一出来なかった理論。

自然界の四つの力(磁力・重力・弱い相互干渉・強い相互干渉)を統一する理論を目指していたそうだ。



アインシュタインのエピソードが面白い。


「料理皿」と「灰皿」。

部屋に二つの皿があるのが許せなくて(!)

食事もタバコも、

なんと灰皿一枚で済ませていたという。


そこまで統一しなくても、

という徹底ぶりだ。




最近話題になった勝間和代さんと神山リカさんの論争も、

勝間さん → ビジネスで培った成功理論を、弱者に応用しようとした(ただし、男女関係などの「プライベートを充実させる方法」は含まれない)

神山さん → 弱者を助ける理論を、社会にも応用しようとした(弱者中心にフォーカスするデメリットについては言及しない)

という図式だという。





「統一場理論」をつくりたがる傾向は、

情報発信を志すなら抑えておくべきだろう。



岡田斗司夫さん、マイブームです!







岡田斗司夫のひとり夜話「vol.2岡田斗司夫によると この世界は」(7/7)










人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人







あなたを天才にするスマートノート









テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

名前が覚えられない!

人の名前が覚えられない。

尊敬してやまない糸井重里さんの「今日のダーリン」のテーマです。

う~~~ん。 激しく同意。


言い訳を、こんなふうに可愛らしく文章にできたらいいな・・・。




今日のダーリン 2012.2.29
http://www.1101.com/home.html より引用です。
 
・もともと、記憶力がよくないほうなので、
 予定やら、道順だとか、電話番号だとかはともかく、
 人の名前、人の顔まで、ほんとうによく憶えない。
 
 もう少し老人になったら、
 「そんなの憶える必要もないだろう、わははは」と、
 明るく言い放てるのだろうけれど、
 まだ中途半端な年齢なので、僅かながら罪の意識もある。

 ぼくが名前を憶えている知人たちにしても、
 しばらくの間はその名を憶えてなかったり、
 実は知らないままでいた、という人が多い。
 尊敬してやまない横田土さん(仮名)のことなどは、
 もともと名前を聞かないまま付き合い出したのだったか、
 あらためて質問するわけにもいかず、
 二年間ほど、「編集長」とだけよんでいた。
 他の人の会話のなかから、ヒントを探すのだけれど、
 なかなかわからないままだった。
 
 横田土さん(仮名)の後釜の編集長については、
 顔や風体に見覚えはあったのだけれど、
 どこで、どう紹介されたのかを忘れてしまって、
 (どこかで会ったことのある人だけど、誰だっけ)
 と、こころの裡で思ったまま、書店の本を探すふりで、
 目を合わせないようにしてやり過ごしていた。
 その30分後に、同じテーブルに着いて、
 「あ、この仕事で会ったんだった」と、気がついた。
 
 失礼かもしれない、失礼だろう、失礼である。
 相手を大事に思ってないからだ、と責められたら、
 そうかもしれないような気もするけれど、
 そうでもないような気持ちもある。
 ぼく自身は、憶えられてないことを平気だったりする。
 じぶんに都合よく考えると、「集中する的(まと)」が、
 ちがうんじゃないか、と思うのだ。
 顔や名前じゃないところに、フォーカスしているから、
 顔や名前がぼやけてしまうという説は、どうだろう?
 ‥‥あ、そう考えると、やっぱり
 相手を大事に思ってないということになってしまうな。
 この問題は、さらに年をとってやり過ごすしかないか。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ぼくも、サボる計画があるんですけど、どうなるかなぁ。













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

思考と直感を統合するには? 「選択日記」のすすめ


思考と直感を効果的に使うには、どうしたらよいだろうか?


NHKのコロンビア白熱教室(シーナ・アイエンガー教授)が、とても参考になる内容だった。

 2011年12月11日(日)放送 第3回「選択日記のすすめ」



それによると、「選択日記」をつけると良いそうだ。



やり方は、以下のとおり。



Before

(1)目標をたてる(目標が、「基準」になる)

(2)どんな思考プロセスを経たか?記録する。(週に1つでも良い)

(3)実行



【After1】

(4)何がうまくいったか?

   何がうまくいかなかったか?


(5)選択がどれだけ成功したか?点数で表す。

 ※記憶は頼りにならない。




【After2】

(6)しばらくたってから振り返る
 

 それによって、

 うまくいかなかったときに共通している「特徴」と、

 うまくいったときに共通している「要素」がわかってくる。




そういえばピーター・ドラッカーも、本「プロフェッショナルの条件」などでフィードバック分析というやり方を進めている。

フィードバック分析とは、半年ごとに、自分の行動を振り返ることだ。

二週間ほどの休みをとって人里を離れ、詳細に振り返ることで、自分の強み・弱みに気づいたり、

驚くような無駄に気づいたりもするという。


 
よし、僕もこれを機にやってみよう。


エクセルで作ると、点数順にソートをかけたりできるので、フィードバック分析をしやすそうに思う。










選択日記 The Choice Diary(シーナ アイエンガー著)



















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

スティーブ・ジョブズが10年前に「10年後(つまり今年)、あなたはどうなっていると思いますか?」と質問された時のコメント

すでに生ける伝説だった元米アップルの最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズさんですが、

とうとう昨日、56歳という若さで歴史上の偉人になられました。





2001年のジョブズさんへのインタビューを、NHKが公開しています。

クローズアップ現代 追悼 スティーブ・ジョブズさん(2001年放送の番組)


その中で、

「『起業したい』という若者がたくさん相談に来ますが、

『なぜ?』

と聞くと、ほとんどの若者が

『お金が欲しいから』

と答えます。

でも、

『お金が欲しいから』

という理由で起業した人で、

成功した人を、私は一人も知りません。



という話しなど、随所に印象的な話があったが、中でも


番組の最後の方で

「10年後(なんと、ちょうど今年に当たります)、あなたはどうなっていると思いますか?」

と質問された時の解答が、とても印象的でした。



「将来のことは、考えないようにしています。

5年計画を立てても、いろんなことが起きるし、他のことをやりたくなることもあるからです。

見通しを立てることができるのは、せいぜい3年です」






僕が退職を決意する時も、

ジョブズさんのスタンフォード大学での有名なスピーチが胸にありました。


33年間、毎朝、私は鏡に映る自分に問いかけてきました。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やることになっていることを本当にやりたいだろうか?」

それに対する答えが「ノー」の日が何日か続くならば、それは「何かを変える必要がある」というサインなのです。


自分が死に向かっていることを思い出すことは、「何かを失ってしまうぞ!」と警告するエゴの罠にひっかからない最高の方法です。実はあなたは、裸なのです。自分の心の声に従わない理由など、どこにもないのです。 



(原文)
For the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself, "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "no" for too many days in a row, I know I need to change something. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.






まだ、私の中の点と点がどのように繋がるかはわかりません。




スティーブ・ジョブズさんのご冥福を祈ります。


勇気ある人生をありがとう!スティーブ!





1



2










 
 スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則














テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

TO DO やりたいことリスト (2011年8月1日現在)

■1 カウンセラープロフィール

 (1) 登録

 (2) イラストの謝礼支払い(DVD返却)

 (3) mPrint or 名刺MAKER で名刺を作成



■2 悟り

 (1) 体感する頻度を増やす

 (2) 悟りに導かれて生きる
     悟りを、美を通して分かち合うことがライフワークになる。
     (大いなるものの使いとなり、一生繋がりながらハッピーに生きる)

  ・ 裏DEBUG(http://kamisamano.info/wdp/archives/455)





■3 その他



・固定電話契約(1800円)とADSL(3000円?)を解除し、スカイプ契約(日本内・60分以内=月130円 《超過はスカイプ クレジット》)or Google Phone&wi-fi(3800円)&i-pod-touchにする
 スカイプ契約 http://www.skype.com/intl/ja/prices/pay-monthly/?currency=JPY&source=account#JP



1 映画「ザ・シフト」を観る

2 映画「英国王のスピーチ」を観る

3 部屋の伊勢神宮化   部屋(=過去)の完璧な片付け(こんまり先生の片づけの魔法


・ 漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を全巻読む


・ 新生銀行の特別円定期キャンペーンに応募する?
  http://www.shinseibank.com/campaign/1106retire/?top_main2

・ 社会保障についてブログに書くことで理解する。

・ 起業の手続きをとる。(青色申告)



(★)着手中








テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

TO DO (2011年7月29日現在)

2011年7月29日現在のやりたいことリスト


1 カウンセラープロフィール

 (1) 作成

 (2) 登録

 (3) イラストの謝礼支払い

 (4) カウンセラー用ブログの開設

 (5) mPrint or 名刺MAKER で名刺を作成


2 悟り
 (1) 体感する頻度を増やす

 (2) 悟りに導かれて生きる
     悟りを、美を通して分かち合うことがライフワークになる。
     (大いなるものの使いとなり、一生繋がりながらハッピーに生きる)



【その他】

★ 古いものの処分(パソコン・モニター・HDDプレイヤー)

★ 写真の整理方法を確立

1 映画「ザ・シフト」を観る


2 映画「英国王のスピーチ」を観る

3 外付けUSBが届いたら、気軽にソフトをインストールすることを楽しむ

4 部屋(=過去)の完璧な片付け(こんまり先生の片づけの魔法


・ 漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を全巻読む


・ 新生銀行の特別円定期キャンペーンに応募する?
  http://www.shinseibank.com/campaign/1106retire/?top_main2

・ 社会保障についてブログに書くことで理解する。

・ 起業の手続きをとる。(青色申告)



(★)着手中








テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

2011年7月27日のTO DO

最近、パソコンの投稿が多くて、パソコンブログみたいになっている。

でも、それは一過性のもの。やりたいことじゃない。

僕にとってパソコンは、わくわくすることをサポートしてくれる有用なパートナーでしかない(はず)。




2011年7月27日現在のTO DOを整理した。


1 カウンセラープロフィール

 (1) 作成

 (2) 登録

 (3) イラストの謝礼支払い

 (4) カウンセラー用ブログの開設

 (5) mPrint or 名刺MAKER で名刺を作成


2 悟りを体感する頻度を増やす

3 悟りに導かれて生きる
  悟りを、美を通して分かち合うことがライフワークになる。(大いなるものの使いとなり、一生繋がりながらハッピーに生きる)



【その他】

1 古いものの処分(パソコン・モニター・HDDプレイヤー)

2 写真の整理方法を確立

3 外付けUSBが届いたら、気軽にソフトをインストールすることを楽しむ

4 部屋(=過去)の完璧な片付け(こんまり先生の片づけの魔法


・ 新生銀行の特別円定期キャンペーンに応募する?
  http://www.shinseibank.com/campaign/1106retire/?top_main2



・ 社会保障についてブログに書くことで理解する。


・ 起業の手続きをとる。(青色申告)















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

今後の計画

今のTO DOを整理した。


1 カウンセラープロフィールの作成

2 カウンセラープロフィールの登録

3 カウンセラーイラストの謝礼支払い

4 カウンセラー用ブログの開設

5 悟る

6 悟りに導かれて生きる
  多分、悟りを、美を通して分かち合うことがライフワークになる。(大いなるものの使いとなり、一生ハッピーに生きる)



【その他】

1 パソコンのバックアップ体制の構築

2 スキャナーをつなげる

3 古いものの処分(パソコン・モニター・HDDプレイヤー)

4 部屋(=過去)の完璧な片付け(こんまり先生の片づけの魔法


・ 新生銀行の特別円定期キャンペーンに応募する?
  http://www.shinseibank.com/campaign/1106retire/?top_main2

・ 社会保障についてブログに書くことで理解する。

・ 起業の手続きをとる。(青色申告)






今日、15:40~17:30に実施すること

1 今夜はパートナーのところに行くので、プロフィール作成の準備をかばんに入れておく。(明朝、マックで文章を考えるため)

2 パソコンのバックアップ体制を構築する











テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム