【こりゃ,得です!】クレジットカード初心者の僕が,クレジットカードについて猛勉強中

久しぶりに楽天で買い物をしようとしたら,

「クレジットカード作成で2000円引き」

というメッセージに惹かれたのをきっかけに,

昨日から,クレジットカードについて猛勉強しています。


 ・ポイント高還元のおすすめカードを徹底調査 - クレジットカードの達人

 ・価格.com - クレジットカード比較

 ・楽天カード に入会しない理由が見当たらない!メリット あって デメリット 無し!? - 愛すべき道具達・・・。 - 楽天ブログ

など,いろいろ読みまくるなか,「やっぱり楽天カードかな?」と思い始めていた頃,

大ベストセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」の著者である

山田真哉さんと花輪陽子さんのすご~~~く参考になる対談動画を見ました。


 動画→【ニコニコ生活講座】カード頂上決戦~TポイントからVISAカードまで~ - 2013-09-26



この番組,なんとニコニコ動画で初めて書籍化されたそうで,



「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」

というかたちで出版されています。(それだけ反響があった,ということでしょうね)


この番組は,本当に参考になりました。



以下,要点メモです。





結論「クレジットカードは絶対に持つべき」


■クレジットカードのお得な選び方

 1 一般加盟店で1%以上の還元率(ふつう0.5%)

 2 年会費無料 or 安価

 3 ポイントが交換しやすい





■ 自宅警備員にオススメ~ネットで高還元カードはこの3枚~

・アマゾン派
  ジャックスリーダーズカード
   一般加盟店で1.5% アマゾンで1.8~2.3%
   年会費2625円(初年度無料,年50万円以上の利用で次年無料)

・楽天派
  楽天カード
   一般加盟店で1% 楽天で2% それ以外に優待ポイントデーたくさん。
   年会費無料

   デメリットはメールが一日10通とかきてしまうこと。
   キャンセルしても,購入時にうまく復活させられて,またメールがきてしまう。


・ヤフー派
  Yahoo! JapanカードSuica
   一般加盟店・スイカチャージで1% 年会費525円
   「ヤフー公金」も大きいそう
   (初年度無料。年10万円利用で次年無料)





■リア充にオススメ 交通系カード

・Suica派
 ビックカメラSuicaカード(女性がオススメ)
  一般加盟店1% ★JR東日本1.5% ビックカメラ10%
年会費500円(初年度無料。★前年にクレジット利用があれば次年度無料)
 (JR東日本地域以外でも,それぞれ似たようなカードがあるそう)


・パスモ派
  ANA To Me Card PASMO(ソラチカカード)
  一般加盟店0.5% 年会費2,100円(初年度無料)
  ※ 土日のパスモチャージは15%


・JAL派
  JALカードSuica
   一般加盟店0.5%~ 年会費2100円(初年度無料)

・ANA派
  ANA VISA Suica カード
   一般加盟店0.5% 年会費2100円(初年度無料)





■女性にオススメ

・ルミネ派
  ルミネカード
   一般加盟店0.5% ★ルミネ5~10%(★本が10%引きで買える) ※JR東日本1.5%
   年会費1,000円(初年度無料)


・タカシマヤ派
  タカシマヤセゾンカード
   一般加盟店1% タカシマヤ2%~ 年会費無料 
 

・東急派
  TOP2 ClubQ JMBカード PASMO
  一般加盟店1% 東急グループ1~10%
   年会費1,000円(初年度無料)

   一般加盟店0.5%





■お金大好きさんにオススメ 「キャッシュバックカード」

 ※ 申請すると,そのまま値引きされる方式のカード

・レックスカード
  一般加盟店1.75%
年会費2,625円(初年度無料 年50万円以上利用で次年無料)

・漢方スタイルクラブカード
  一般加盟店1.75%
  年会費1,575円(初年度無料)

※上記2枚が比較サイトで常連。両方共ジャックス系


・P-oneカード(Standard)
  一般加盟店1%
  年会費無料

  ※なにげにオススメ。請求時に自動で1%引いてくれる。期限とか,一番気にしないで良い。

  ポケットカード系







■TカードとPontaカード


 ※クレジットカード払い時に,Tカードなりを提示すると,(この場合,Tカード提携店の場合のみだけど)二重にポイントがたまる





■クレジットカードを作れない人は,デビットカードで
 
 日本では,クレジットカードの方が還元率が良い。

 ヨーロッパでは,クレジットカードよりも一般的。





■海外旅行

 換金するより,カード払いした方が絶対に得。

 特に新興国は換金手数料が高い。
 ドルであっても,カード払いのほうが得。





■リボ払いは,絶対ダメ

 私自身,よくわかってなかったので,本当に参考になりました。

 山田真哉さんいわく,

 ぶっちゃけいうと,「貸金業法の脱法」 だそうです。

 クレジットカードでは年利15%までのところ,もっと取れる。

 リボ払いとは,「商品の返還」のことで,毎月一定額を引かれる。

 なにに対して払っているのか,全然見えなくなる。(花輪陽子さんが20代の頃,一度ハマり,窓口で一気に100万円払って一括精算したそうです)

 詳しくは→リボルビング払いってなに?(リボ払い)

 最近は,

 なんとネットショッピングの初期設定がリボ払いになっていたり,

 楽天で「5000ポイントプレゼント」となってたらリボ払いが条件だったり,

 リボ払い専用カードがあったりするので,

 気をつけないといけない。





 以上,聞き間違えや書き間違えがあるかもしれませんので,ぜひ

 書籍「「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」」あるいはニコニコ動画のほうをご覧くださいませ。


 前半が「総論」でクレジットカードの仕組みなどで,

 ちょうど30分から,

 「では,具体的にどのカードがいいのか?」

 の内容になっています。




 さて,どのカードにしようかなぁ。


 (これが,悩むんだよなぁ~~~)



 つぎは,ちょうど最新号がクレジットカード特集をやっている日経トレンディを読んで見ようと思います。



 









日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 3月号






「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」











テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

なんと,5月末まで,イギリスまで往復3万3千円!!


おおっと!

つい一時間前の投稿

 イギリス旅行前の予習にぜひ!超レアな作品「2時間で回る大英博物館

で,


「ああ,

またイギリスに行きたいなぁ~~~。」



と叫んだばかり?!な私ですが,

ハフィントン・ポスト日本語版を読んでいたら,

こんな文字が目に飛び込んで来ました!!


イギリスまで往復3万3千円で 英観光庁、期間限定で航空券補助


説明によると,

ブリティッシュ・エアウェイズは2月14日まで、成田・羽田両空港からロンドン、マンチェスターなど英国の主要9都市までのエコノミークラス航空券の一部を往復3万3千円で売り出す。7日から5月末までの便が対象正規の価格は約36万円で、差額の一部を英国観光庁が補助して安値を実現した。



とのことです。


こ,これは,

「イギリスに行って来い」

という神の声?!













イギリスはおいしい






オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題 あなたは自分を利口だと思いますか?












【関連記事】

 ・「6カ国人の特徴」を”一言”で表すうまい比喩

 ・フランスで流行るパクス(PACS)~なぜフランスでは子どもが増えるのか~フランス女性のライフスタイル

 ・モノを捨てよ 世界へ出よう

 ・ コミューン(共同体)の雰囲気を知ることができました (映画)ふたりのパラダイス

 ・映画「わたしを離さないで」を観て











テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ブックオフ vs 古本市場 状態の悪い少女漫画の買取価格は、ブックオフに軍配


やや状態の悪い少女漫画18冊(1巻から揃い)を買い取ってもらいました。


今まで、数々の本を買い取ってもらってきた経験上、

マイナーな古本市場の方が買取価格が高いだろうとおもっていたのですが、

以外や以外、

BOOK OFFの方が高く買い取ってくれました。



漫画は、かつて実写映画化もされた少女漫画です。

ブックオフ

 5円×13冊=65円


(5冊は「状態が悪い」とのことで値段がつきませんでした)



古本市場

 2円×8冊+3円×10冊=46円




どちらも2,3分で査定してくれました。



それにしても、査定前は、

「シリーズになってるし、一冊20円か30円だろーなー

だから、30円×18冊=540円

くらいにはなるだろうな~」


と高をくくっていたのに、


「46円です」

と言われたときは、

「え?(もしかして、一冊が46円??)」

と、びっくりしました。



現実は厳しいですね・・・。













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

年収200~400万円の"新中間層"が生きる道(先月投稿した藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談がヤフーニュース経済欄トップに掲載)

先月、藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談について投稿しました。

 →今後10年どう生きる?(藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談に学ぶ1)
 
 →今後10年どう生きる?2(藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談に学ぶ2)




今、ヤフーニュースを見たら、「経済」欄トップに、お二人の対談が

年収200~400万円の"新中間層"が生きる道

として大々的に取り上げられていました。


ヤフーニュースを先取りしているようで、嬉しくなってしまいました(*^^*)



新しい対談部分も追加されています。

 →大学"と"宗教"が機能しない、日本の不幸



同じく紹介されている、

 → 『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン教授に聞く「なぜ私たちは漠然と未来を迎えるべきではないのか」(上)

もとても刺激的な記事です。



ヤフーニュースのこのページの編集者の嗜好が僕と似ていて、嬉し面白かったです(笑)










【マイセレクト関連記事】

 ・早稲田大学(一流大学)に通う本当の理由は、「早大卒の看板」と「誰にでも会える権利(人脈)」を手に入れるため






 
 ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉










テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

今後10年どう生きる?2(藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談に学ぶ2)

前回の投稿に引き続き、

元リクルート出身で民間初の公立中学校長(杉並区立和田中学校)だった藤原和博さんと

ベストセラー「10年後に食える仕事、食えない仕事」の著者、渡邉 正裕さんの対談について考えます。



1 これだけは知っておきたい、我々の「現状」

2 ニュータイプの出現

3 評価経済の萌芽

4 では、新しい仕事は?


のうち、前回は1を書きましたので、今回は2以降について考えてみます。





2 ニュータイプの出現

渡邉:全体的に、みんな上を目指さなくなっているというか、すごく保守的になっている。大企業、公務員志向が若い人ほど高い。雇用さえ安定していて、少し稼げればいいという人が、僕らの時代より増えているのは間違いないと思うんです。だから、グローバルを目指す人が減っている印象がすごくあるんですよね。


 私が務めていた組織で、一流大学(早稲田大学など)から入ってくる若者達が皆、こんな感じでした。




http://toyokeizai.net/articles/-/11769?page=4
今いちばん応援しているのが、税所篤快(さいしょ・あつよし)という男。こいつは偏差値28だった足立区の落ちこぼれで、ご両親も非常に普通の人。


 まさしく彼自身のトラウマとその解消というテーマそのものが彼独自の社会起業に結びついていました。僕も同じ方向性だなぁ、と(勝手に 汗)感じ、少し嬉しい気がしました。




http://toyokeizai.net/articles/-/11769?page=5
藤原:一方、石巻には、技術を持った優秀かつボランティア精神あふれる人たちが今も残っている。最初の頃は、都会生活に飽きちゃって、被災地に自分探しで行ったような女の子が多かったんですよ。そういう人たちはだいたい半年ぐらいで負けて帰ってくる。だから、今残っている奴こそが本物。

その中で私がビジネスパートナーとして一緒に活動しているのが、漁師の会社であるオーガッツの立花貴君。彼はもう住民票を石巻に移して漁師になっている。そのほかにも、石巻には、いろいろな活きのいい20代が結集している。

渡邉:昔はなかったですね、こういうのは。

藤原:向上心が横展開している。人に喜ばれることがうれしい、「ありがとう」と言われることを目指すという人が増えている。だから私は、活力が減っていることはないと思っているの。つまり、上に行く活力は減っているけれど、政府や行政に任せていたらできないようなことを、自分がやることで人の役に立つことが嬉しいという人たちが、ものすごく多様に増殖しているという感じがする。



 「被災地に自分探しで行ったような女の子が多かったんですよ。そういう人たちはだいたい半年ぐらいで負けて帰ってくる」
というコメントには賛同しかねる部分もあります。

 それぞれの参加者にとって、意味があったと思います。

 勝ち負けで判断する基準は、藤原さんの尺度でしかない。






3 評価経済の萌芽

評価経済という言葉こそ出て来ませんが、岡田斗司夫さんが提唱する「評価経済社会」につながる内容を感じました。

第三の経済が生まれている

渡邉:こうした活動は、GDPにはカウントされませんよね。

藤原:されないと思うんだよね。たとえば立花君は、コンビニから買ってきたものを食べるのではなく、自分が漁師として獲ってきた魚を食べているわけで、それはGDPにはカウントされないよね。

だから私は、現在の経済でカウントされない第三の経済で、こうした循環が生まれているのは、ものすごくいいことだと思っているの。税所がバングラデシュでやっている事業もおカネを取っていないしね。

渡邉:そういう人たちは、50代になっても今の活動を続けているんでしょうか。

藤原:それはいい質問ですね。答えはわからない。


でも実際、そういう突出したことをやるのは、リーダーシップのある奴らなんですよ。そして、そうした人間にはフォロワーもいるわけです。フォロワーがその次のリーダーに育つのかはわからないけれど、新しいタイプの若者が、バングラデシュと石巻に結集している。そうしたモデルとなる人間が、100人、200人といて、1つのメッカになっている。

だから、30年後にどうなっているかと聞かれても困るんだけど、そういう活きのいい奴らが増殖していることは確か。これは統計には出てこないし、経済面の付加価値レベルという点では決して高くないかもしれない。でも、そういう奴らが増えるのはすごくいいことだと思っているの。だって、社会に役立ち、人に感謝されることを幸せと言わないで、何を幸せと言うの。






4 では、新しい仕事は?

いよいよ核心です。(遅い!)

僕はここで言われているところのコミュニティ・ソリューションを目指します。

http://toyokeizai.net/articles/-/11602?page=2

仕事の9割は、コミュニティソリューションになる

藤原:グローバルに勝負するエリートというのは、恐らく全体の100分の1か1000分の1、もしかしたら1万分の1かもしれない。こうした人たちは、文句なくグローバルで勝負しないといけないわけで、年収が1億円を超えていいと思うんですよ。10億の人がいてもいいし、100億の人がいてもいい。

では、グローバルで勝負するトップエリート以外の人は、どうするのか?

私は、コミュニティソリューションを担当することになる
と思う。

これからは、コミュニティが、地域社会という意味だけではなくなってくる。被災地コミュニティでもいいし、ネット上での鉄道オタクコミュニティでもいいんだけど、そのコミュニティの中でどういう貢献をしていくのかっていうのが、コミュニティソリューションになる。コミュニティコントリビューションといってもいい。







http://toyokeizai.net/articles/-/11860?page=4

――公務員の仕事以外に、これから増えてくる仕事としては、何が考えられますか?

藤原:アロマセラピストやネイルアーティストなんて、20年前にはなかった職業でしょう。それが今は一分野として確立しているわけだから、今後10年ぐらいで、そういう新しい仕事が、100個も200個も出てくると思いますね。

まず、「何とかセラピスト」というのは無限に出てきますよ。結局、成熟社会では、みんなが精神的なところに向かっていくことになる。日本には支配的な宗教がないから、なおさらそうなると思う。

だから、「水セラピスト」でも、「鉛筆セラピスト」でも、「スーツセラピスト」でも、あらゆるものにセラピストをつけた職業が出てくるよね。実際、「動物セラピスト」がすでにいるわけだし。たとえば、臨床心理系の仕事と、犬の世話をするトリマーの仕事を10年ずつやれば、40代からドッグセラピストにもなれてしまう。

それから「何とかカウンセラー」「何とかコンサルタント」「何とかアーティスト」というのも、無限に出てきますよ。


おそらく僕は、この「何とかカウンセラー」「何とかコンサルタント」の類になると思います(笑)





新しい仕事を生み出す方法について、面白いことを言っています。

http://toyokeizai.net/articles/-/11860?page=4

渡邉:これからは、「世の中にどんな仕事があるか」について、小学校の段階から教えたほうがいいですか?

藤原:小学校の段階では、職業調べみたいになるのはしょうがない。でも、職業調べでは情報編集力を養うことにはならないよね。職業調べというのは、ただ単に現在の学習の延長だから。

中学の教育では、「2つの仕事を組み合わせると、どんな仕事が生まれるか」という情報編集力側に持ってこないとダメです。


http://toyokeizai.net/articles/-/11860?page=5

藤原:職業教育という以前に、頭を軟らかくする教育が行われてないの。つまり、小中高ともに、情報処理側の教育が9割になっていて、いろいろな物事をつなげる力、つまり、情報編集力側の教育が行われてない。簡単に言うと、4択問題をひたすらやらせる教育をいまだにやっているのね。


・だから、職業教育そのものが大事なのではなくて、その手前の段階で、「正解は必ずしもない」という「修正主義」の教育をすることが大事なわけ。そのためには、クリティカル・シンキング、つまり、物事を疑ってかかって自分の考えを修正していくような、ワークショップ型の授業が不可欠。でも、それが圧倒的に足りない。

(中略)

本当は、小学校で1割、中学校で2~3割、高校で3~5割は、情報編集側の教育を行ったほうがいい。そうすれば、若い人たちが職業や仕事に対して、もっと軟らかく考えることができるようになると思う。

これからは、「こういう職業に就きます」ではなくて、「これとこれを組み合わせて、こういう仕事を創ります」という人生観が大事だと思うの。たとえば、ツアーコンダクターを5年やって、そのあと犬のブリーダーを5年やった人が、犬好きのおじいちゃんおばあちゃん向けのツアーを企画したら、きっと儲かるでしょ。

でも、学校ではそういう考え方を教えていない。そもそも、親の世代は1つの仕事で一途にやってきたから、それを教えられない。

渡邉:教師は、親以上にそんなことを教えられないですよね。

藤原:そう。だから教師が教える時間は、小学校で9割、中学校で7~8割、高校では5~7割にしてほしいわけ。教師は一歩下がって、その代わりに社会人がもっと学校に入ってくるべきなんですよ。





前回の投稿に引き続いて考えてきたことで、

今後の我々の生き方が見えてくる気がしますね。







 10年後に食える仕事、食えない仕事(渡邉 正裕 著)
 
 にもありましたが、グローバル化時代の職業マップと代表的職業のマトリックス図が刺激的です。





 坂の上の坂(藤原和博 著)
 





【マイセレクト関連記事】

 ・【これからの生き方は?】 「遅延評価勉強法」で必要なところだけ勉強し、あとは楽しく過ごしましょう

 ・早稲田大学(一流大学)に通う本当の理由は、「早大卒の看板」と「誰にでも会える権利(人脈)」を手に入れるため

 ・「評価経済社会」へのダイブ

 ・大卒の就職内定率が6割を切り始めた今、「1を100に」でなく「0を1にする」方法こそ必要 ~「もっと自由に働きたい」 家入一真

 ・なぜ、人にごちそうすると良いのか?(「まず与える」ことが、良い人脈を形成する上で相手を早く見抜くリトマス試験紙になる)












テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

今後10年どう生きる?(藤原和博さんと渡邉正裕さんの対談に学ぶ1)

元リクルート出身で民間初の公立中学校長(杉並区立和田中学校)だった藤原和博さんと

ベストセラー「10年後に食える仕事、食えない仕事」の著者、渡邉 正裕さんの対談が面白かったです。


過去10年、日本の仕事をめぐる状況は様変わりした。
『10年後に食える仕事 食えない仕事』。仕事の未来をマトリックスで4部類している。
インド、中国では毎年数百万人単位でハングリーな大卒者が誕生。また、ネット・通信環境が 大きく改善したことで、定型業務やIT開発を新興国へアウトソーシングできるようになった。仕事の枠を日本人同士で争っていればよい、という時代は終わっ た。さらに、人口減少に伴う国内マーケットの縮小も追い打ちをかけている。
これから日本の仕事はどう変わるのか? 10年後にも食えるのはどんな仕事なのか。当連載では、ベストセラー『10年後に食える仕事 食えない仕事』の著者であるジャーナリストの渡邉正裕氏が、"仕事のプロ"たちとともに、仕事の未来像を探っていく。

東洋経済ONLINEエリート以外の99%はコミュニティが仕事場より




大枠は、すでにダニエル・ピンクが「ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代」で予測しているような方向ですが、現代の日本に生きる我々の現在位置と、今後生きていく上でおさえておきたい視点がいくつもありました。



お二人の対談を、以下の4ポイントにまとめてみました。

1 これだけは知っておきたい、我々の「現状」

2 ニュータイプの出現(「新人類」としたかったのですが死語なので(笑)、僕の好きなガンダム風に表現)

3 評価経済の萌芽

4 では、新しい仕事は?



順に説明していきます。



1 これだけは知っておきたい、我々の「現状」

 日本にはもう、中流階級が存在しない。

 これは、三浦 展さんの大ベストセラー「下流社会 新たな階層集団の出現」での主張と同じですね。


 ■日本にはもう平均なんて存在しない
(日本経済のピークは1997年)

この分散化が始まったのは、日本の経済成長がピークアウトした1997年ごろ。この年には、山一證券と北海道拓殖銀行の倒産もあったわけですよね。その翌年の98年から、日本の1人当たりの個人消費は一貫して下がっています。その少し後から、国内の車の販売もずっと下がり続けています。

私は、この98年から日本が成熟社会に入ったと言っているんですけど、98年からハネ上がっているデータが1つあります。それは年間の自殺者数なんです。97年まで二万数千人で推移していたものが、いきなり三万数千人に跳ね上がった。それが14年間下がっていません。






「会社が人を育てなくなった」衝撃的なことばです。
たしかに、僕が務めていた企業も年々余裕がなくなっていて、新人にかかる負担が増大していました。

http://toyokeizai.net/articles/-/11860

藤原:私の感覚では、会社が人を育てなくなっているんですよ。渡邉さん、そう思わない?

渡邉:そうですね。それは間違いない。

藤原:今の会社は、アウトソースをしすぎているし、ムダをそぎ落として余計なことをしなくなっている。「ムダをやらない」「失敗もさせない」では、人が育つわけがないですよ。

だから私は、会社組織にいる人よりも、石巻やバングラデシュにいるような、既存の枠組みから滲み出ている奴ら、「滲み出し組」に期待しているの。

(中略)

日本の中枢からはなるべく遠ざかれ。それよりも、とにかく10年以内に、お前が20代のうちに『ニューズウィーク』や『ビジネスウィーク』の表紙を飾れ。そしたら、俺はびっくりしてあげましょう。『週刊東洋経済』や『日経ビジネス』に載って満足してるようじゃダメ!」と言ってるの。








きちんと抑えておきたい,日本の統計のカラクリとは?

日本の失業率はインチキ臭い 
・日本では、ハローワークに「職を求めています」という申請を出さないと、カウントされない。
・フリーターで働いているうちも、ハローワークで職を求めてなければ失業者にカウントされない。







以下も抑えておきたい。
日本の住宅費は異常だそうです。

http://toyokeizai.net/articles/-/11769?page=3

藤原:だから今の20~30代が貧困だと言うけれど、ある時点で相続がドンと来る。少なくとも、日本で今暮らすときに、異常におカネがかかるのは住宅費だけでしょう。たとえ都市部であったとしても。

渡邉:そうですね。

藤原:住居費がタダなら、おカネはそんなにかからない。だから若い人たちは非常に合理的な選択をしている。私は、実家に寄生する、パラサイトすることは悪いと思わないの。むしろ当然だと思うんですよ。だって実家から外に出ただけで、6万円だ、8万円だ、と家賃がかかるのは日本ぐらいですから。









「おじいちゃんとおばあちゃんが、2~3人の若者を養う社会になろうとしている」

えっ?

これはなるほど!

と感じました。(僕の親には資産がないので、う~んなのですが・・・。)

http://toyokeizai.net/articles/-/11769?page=2

では、そういう若者たちは将来、食っていけるのか。
それを考えるときに、ポイントになるのは親世代の資産だと思う。65歳以上のたちは、合計で1500兆円ぐらいの資産を持っている。この人たちがほぼ住宅ローンを払い終わって、土地付きの一戸建てやマンションを保有していたら、子ども世代はそれを引き継げる。「今の若者は貧しい」とよく言われるけど、どこかで相続が起こるんですよ。

スポンサーは、おじいちゃん、おばあちゃん

渡邉:親が裕福であれば、家の心配はいらない。

藤原:そう。よく社会保障の議論で、昔は「胴上げ型(一人の高齢者を多くの現役世代で支える)」だったのが、今は「肩車型(一人の高齢者を一人の現役世代で支える)」になってしまっているという話があるけれど、あれはウソ。むしろ逆に、おじいちゃんとおばあちゃんが、2~3人の若者を養う社会になろうとしているんですよ。

渡邉:常識とは逆ですね。

(中略)
渡邉:そうですね。一人っ子同士で結婚すると、家が1個余るぐらい資産家になってしまうという問題もありますからね。









長くなりましたので

2 ニュータイプの出現

3 評価経済の萌芽

4 では、新しい仕事は?


については、次回に続きます・・・。












テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

大卒の就職内定率が6割を切り始めた今、「1を100に」でなく「0を1にする」方法こそ必要 ~「もっと自由に働きたい」 家入一真

「『0を1にする』ことは得意だけど『1を100にする』ことは苦手です」

という家入一真さんの新刊

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

を読みました。



不安定な時代の中で

一歩進むマインドセットと勇気、具体的な行動方法


まで公開する素晴らしい本でした。



家入さんの自伝的な前作も素晴らしい本でしたが、

 参考記事→家入一真さんのイメージが180度変わりました

二冊目は実践的内容にあふれた素晴らしさがありました。




世の中の仕組み上、当然といえば当然ですが、

これまでは「1を100にする」ビジネス書や自己啓発書が主流でした。



もちろんそれも大事です。


でも、それが役に立つのは、

会社員として上を目指そうとする場合や、

既に独立・起業していて次のステップを考え始める段階にきてからの話です。




大卒の就職内定率が6割を切り始めているそうです。


そういった不安定な現代の日本で生きる私達に必要なのは、


ゼロ(=人脈ゼロ・経験ゼロ)から、

イチ(=独立)になる方法


ではないでしょうか。



そのジャンルは、まだまだ良書が少ないと感じています。



いじめられて → 引きこもり → 対人恐怖 → 高校中退 → 新聞配達奨学生 → JASDAQ最年少上場社長

と経てきた家入一真さんの本は、これからを生きる我々を大いに勇気づけてくれる

「0から1へ」の本でした。






【以下、読書メモ】



・ただ一つ言えることは、あなたの「今」は我慢や準備の期間ではない、ということ。



・とことん素直に、自分はこういう人間です、とさらけ出す。
 そうすれば、応援してくれる人、支えてくれる人、フォローしてくれる人は自然と集まってくる。



・僕は、大きな野望があったわけでも、成し遂げたい事業があったわけでもなく、消去法で社長になった。会社勤めが嫌で、結婚して子どもができたタイミングで、妻子を養えるくらいの収入を在宅事業で得たい、そして家族と一緒にいたい、という思いで起業を思い立った。

 逃げる準備として、僕はやりたいこと、やるべきこと、やりたくないことの3つの軸で考えた。僕の場合は、

 やりたいこと = 家族と一緒にいる

 やるべきこと = 家族を食べさせるための最低限のお金を稼ぐ

 やりたくないこと = 会社に勤める

 というところからスタートした。

 お金知識スキルもあったわけではない。当時は仲間もいなかった。でも、動き出してしまえば、それらはすべて後からついてくる。



・小さく - 一人で立ち上げて一人でやめるくらいの規模がちょうどいい。

 素早く - とにかくスピード勝負。3ヶ月を目安にする。

 軌道修正 - 常にやりながら考えて、やりながら力もつける。

 勉強をして知識と技術をつけてから、資金をためてから、人を集めてから・・・そんな入念な準備は必要ない。立ち上げて、反応を見ながら少しずつ軌道修正して、やりながら形にする。その過程で、力も資金も、人もついてくる。



・机の上で、いくら知識を習得したって、それが実際にどれだけ役立つかはわからない。ビジネスは実践だ。実際にやりながら、試行錯誤しながら自分の”やり方”を見つけていくしか方法はない。



・やりたいことが技術者や専門家になることではなく、自分のアイディアを形にすることであれば、時間をかけて資格をとったり、専門知識を身につける必要はない。やりながら力をつけるほうが実現への道は近い。
 



・自分は開発ができないから、デザインができないからと、向いてもいないのに一から勉強をはじめて、無駄な時間を費やす人が多い。
 全部自分でやることなんて不可能だ。知識や資格が目的じゃないんだったら、実践までに最短距離を考えること。


 
・僕は経営者として面接も採用もたくさんしてきたけど、その基準は「面白いやつかどうか」。それだけだ。学歴は見ていない。まず、一番面白かった経験と、逃げ出したかった経験を聞く。そこでどれだけ面白いエピソードが出てくるかが採用基準だ。経験から得た自分の言葉で語れる人間は強い。どれだけ自分のエピソードをもっているか。それが一つの売りになる。



・自分が一番欲しいものをつくれば、そこに必ず需要が生まれる。



・応援されるビジネスは、そこにつくり手の熱意があるかどうか、それに尽きる。こんな想いでつくっていますという作り手の顔が見えるもの、そこにストーリーがあるものは強い。結局人は感情で、商品そのものよりもつくり手の熱意に動かされることが多いからだ。



・きれいごとを並べても、お金がついてこなかったら継続はできない。自分が生活できないのに、好きなことだけをするっていうのは虫が良すぎる話だ。お金さえついてくれば、「好きなこと」はビジネスになる。どうやって、自分のやりたいことで、自分に必要なお金を稼いでいくのか。逆算して考えればいい。(具体的計算方法は本書のP124参照)



自分をさらけ出すことさえできれば、程度の差こそあっても、自分のメディア、自分の仕事をつくることはできる。規模は小さくてもいい。自分を中心とした経済圏をつくる僕はこれを「オレオレ経済圏」と名付けた(笑)



・非難してくる人がいる分、応援してくれる人もいる。一番辛いのは、自分が起こした行動に対して何の反応もないことだ。賛否両論あっていい。それが話題を呼ぶ。まともな非難であれば、丁寧に対応することで、むしろプラスに変わる。



・いつまでも準備をしていたら前へは進めない。失敗を恐れて準備をした分、失敗する確立がたとえ減ったとしても、失敗したときのリスクは大きい。ビジネスはやってみないと誰もわからない。
 準備不足で失敗したのなら、その時点で迷惑をかけてしまった人には謝って、その失敗を生かして準備をしなおしてもいい。わからないままリスクヘッジをするより、必要なことがより明確になる
 最終的に失敗じゃないところまでもっていけばいい。「ロックだな!」という見せ方もあるじゃない(笑)


・自分自身を生け贄にして、やりたいと思ったことはとりあえずやってみる。生け贄といったって自分を犠牲にするわけじゃない。自分自身を実験台にするんだ。こんなことをしてみる、やっぱり駄目だった。それくらいのノリでもいいんじゃないかな。実験と考えたら失敗すらポジティブなものになる。
 人生は一度きり。多様な働き方や生き方を試してみてもいいと思う。



・たくさん実験して、その中で正解を求めていけばいい。実験し続けて、正解にたどりつけなくてもいい。正解なんて、あってないようなものだ。
 時代に合わせて、その時々に合わせて、自分の思考も行動も変わっていく。
 無責任なことを言うようだけど、僕だってこの本で言っていることから思考を改めることだってあると思う。



・デスクにいることはほとんどない。1日じゅうたくさんの人に合っている。自分が会いたいと思った人には、ツイッターなどで声をかけて会いにいく。一人でデスクの上で考えているよりも、人と話しているほうがアイデアは浮かぶし、ことが運ぶ。



・人と会って吸収したあとは、それを消化して自分の中に取り入れていかなくちゃ。ぼくはよく1週間人に会い続けたあとに、1週間誰とも会わずにひきこもる。

 自分が飽和状態になったのなら、咀嚼して落とし込んでいく作業が必要だ。
 人と会いすぎてしまうと、結局自分が何をしたいのかわからなくなってしまうから。



・世の中のあらゆるものに、誰かの思惑が必ずある。簡単にその思惑にのらないように、常に疑って、自分の頭で考えよう。



・僕は、人生を通して、自分と誰かの「遊び場」をつくっていきたい。居場所がなかったコンプレックスを一生ものの原動力にして



Libertyについて~

 とにかくスピード優先でビジネスを立ち上げていくという実験をしている。
 生活のための仕事は昼間にして、夜はとにかくものづくりをする。常時5個以上のプロジェクトが平行して走っている。
 もちろんみんな無休。
 その代わり、立ち上げたプロジェクトから得た利益や評価はみんなで分配する。「海賊スタイルの組織」と誰かは呼んだ。
 プロジェクト単位で集まり、プロジェクトが立ち上がれば一旦解散。
 ツイッターでフォローしたり外したりするのと同じような感覚で僕らはつながっては、離れていく。そのくらい身軽でいい。



・実験的な活動で、自分の新しい働き方や生き方を模索していこう。正解なんてないし、正しい道もない。



 自分自身を生け贄にして、多様な働き方、生き方を試す。







 
 
 もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES) 家入 一真 著










テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「愛人業界」も値崩れ

愛人って、そういうことなんだ!

はじめて具体的な数字を知りました。


前回の投稿「ふうむ・・・。テレビの売れない芸能人の出演料は3万円。文化人は2万5千円。」

と同じ動画「2011年10月03日 配信の公式動画 岡田斗司夫のひとり夜話#1全長版中編」の14分あたりから。


愛人とは、
マンションを買ってもらって
月200~300万円のお小遣いをもらえてた。

それが2005年あたりまでには、
月20~30万円の小遣いに。

それ以降は、
「一回いくら」になってます。





岡田さんの教え子の知り合い(本人?)が

関西のとある大企業の会長の愛人だったそうです。



では、「一回いくら」ぐらいで、なぜ愛人であり続けるのか?


「安全だから」だそうです。


「バイトなりアルバイトは不安定。


だけどそのおじいさんから好かれているうちは、首を切られることもない。


たとえ切られるとしても、

仕度金みたいなもので20~30万円の手切れ金がもらえる」

とのこと。


2~3時間で済むので、普通のバイトより割りが良いそうです。




これを読んで、今回もノーベル賞を逃した村上春樹の海辺のカフカに出てくる

学費を稼ぐために売春をしている美しい女子大生の話を想い出してしまいました。


なんか・・・。


そういう世界もあるんですね・・・。






















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ふうむ・・・。売れない芸能人のテレビ出演料は3万円。文化人で2万5千円

岡田斗司夫さんによると、

「下の方の芸能人のテレビ出演料は3万円。文化人で2万5千円。

その5千円の差も倹約しようとして文化人の比率が高まっているのが今のテレビ局」

なのだそうです。


ふうむ・・・。

そんなもんなんですね。



2011年10月03日 配信の公式動画 岡田斗司夫のひとり夜話#1全長版中編


これだと、

諮問会議の学識経験者の謝礼金程度でしょう。

もっと高いものかと思っておりました。



島田紳助の引退をきっかけに、大物芸能人の出演料も下がりつつあるとのこと。



僕は会社を辞める前、

そういった世界はもっともっとギャラが良いのかとばかり思っておりました。


「隣の芝は青く見える」

のですね・・・。





「テレビ局社員の給料が高すぎるけど、どうしようもない。

 だからまだ、最低限の質は保たれている」

など、

テレビ業界の裏話が勉強になりました。















テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

岡田斗司夫さんの給料。年収は408万円 ~収入を公開する人がこれからの世界をつくる?!~

びっくりしました。

岡田斗司夫さんの月収って、

384,000円なんですね。


ということは、年収はたったの460万円!(いや、そのへんの公務員より全然少ないですよ。この額にはびっくりデス)



岡田さん考案のFREEexは、社員が年間12万円を支払う制度で、

社員はたしか200人弱くらいいるはず。



ということは、

年間12万円×200人=24,000,000円。


だから、月収は200万円(年収2400万円÷12ヶ月)だと単純に思っていました。



(65分あたりからこの話題)



そうではなく、

その給料はいったん株式会社オタキングに入り、そこから給料として

384,000円を受け取るそうです。



「不動産も、一生持たない。

賃貸がいい。

本拠地も気軽に動かせる。それが一番の財産」


と言い切ります。



僕も同じように考えていたので、とてもうれしく思いました。



お金がある程度たまった人は、傾向として

家を立てたり、不動産投資を始めるケースをたくさんみてきたので、

取り残されているニートな自分に焦りを感じていました。




さらに、岡田さんは車にも興味がないそうです。

考え事をしながら運転してしまうため、いままでに3台も全損させたそうです。


僕も、運転中は読書や飲酒ができないし、

なにより維持費が高すぎるので、車はほとんど持つ気がありません。

(ミニ・クーパーはちょっと気になるんだけど・・・笑)



岡田さんはある意味、自分の身体を危険にさらすほどの集中力があるからこそ、

スマートノート術のような論理脳を鍛える素晴らしい方法を考案できるんですね。






それにしても、

岡田斗司夫さんといい、イケダハヤトさんといい、

あるいは新内閣総理大臣の坂口恭平さんにしても、


新しい生き方をリードする方々は

収入に関しても、数字を明確に出すなど

ものすごくオープンに話されます。




一方で、幸せな小金持ち(実は超大金持ち)な本田健さんあたりは当然、

そういったことは公開しませんし、大震災の時も音無しの構えでした。

(震災後すぐの本田健さんの高額セミナーに参加したのですが、「ポジティブ自立の人は、『助けるぞ~!』となり、ネガティブ依存の人は『家にこもる』んですよね」などと、立体話法の解説をすることと、ある避難所の「Amazon欲しいものリスト」をまるまるクリックしたと言っておられましたが、具体的な数字や避難所等は一切言われませんでした)





一方、

坂口恭平さんはご自宅に避難民を100人弱くらい受け入れられていますし、

岡田斗司夫さんは、震災時に素晴らしいツイートをされていました。

岡田斗司夫の「震災に対する理屈民族なりの対処法」

震災の翌日にこのような勇気あるツイートをされたことが、本当に素晴らしいと感じました。





あ、批判めいたことはなるべく書かないようにしているのですが、

二回連続で、ちょっとそういうことを書いてしまいました・・・反省。




オープンに勝負しているリーダー達に魅了される私でした。




あっ!

こう書いて、自分が収入を公開していないことに気づきました。



僕は今、題名に書いてあるとおり、貯金で生活しています。




いや、収入、

あります!


ありました!!



このブログの良書紹介によるアフィリエイトです。



先月のアフィリエイト収入は、



売上合計 ¥246



でしたよ~(笑)












参考:イケダハヤトさんのブログ:ブログの執筆・運営で稼いでいく方法をまとめてみた

 ツイッターでは、月毎のアフィリエイト収入額を伝えたりもしてくれています。ツイートされる情報も面白く、注目の一人です。(イケダハヤトさんのツイッター








評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている (岡田斗司夫 著)







独立国家のつくりかた (坂口恭平 著)






____________

2012.10.16 追記

岡田斗司夫さんの月収は384,000円ではなく、340,000円なのだそうです。

さらに少なかった。


岡田さんが勘違いしていた、ということで、今年2月の

【ニコニコ動画】岡田斗司夫ゼミ2月号「タブー完全無視の一問一答地獄」~ステマからオウムまで

で訂正してました。


「オタクは本代以外は使い道がない」

とのことでした。

お金に対する執着がないので、間違えてしまうのでしょうね。







____________
2012.10.24 追記

岡田斗司夫のひとり夜話12月1日版(2011年)によると、

マックブックエアーは、一つ新しくなったので経費で買ったよ。

そうやって、より早く原稿が書けて、時間を節約できる。

よいお金の使い方だろ?

それが自営業の良い所だよな」


とのことでした。


僕はまだ自営業をはじめていないので、こういった情報がすごく勉強になります。




また、アマゾンは二つのアカウントを持っていて、

「こっちは自腹、これは経費」

と使い分けているそうです。

「これ買ったよ(パフュームのCD「JPN」)。これは自腹だよ」



とのことでした。



岡田さんのニコ動の背景の本棚や、たまに映るガラスのショーウインドーは、

なんとイケアで1本が6~7,000円程度だそう。

また、立てかけてある洋書の多くはe-bayにて一冊数十円程度で買い揃えたSFものだそうです。


重厚で高級な感じに見えていたので、驚きました。




そーいえばFREEexの会議

岡田斗司夫の海賊生放送12月4日「リアルコア会議」(2011年)

で、

「ウェブカメラをロジクールのウェブカメラ「C910」にしたら、すごく良くなったね。いくら?」

「6,000円です」


といった会話がありました。


今は、放送スタジオが個人レベルで安く手に入るようです。



あとは、「行動するかどうか」だけなんですね。













テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム