両面印刷する方法→ブラザープリンター 「BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J515N」


先日、ワクワクして購入したプリンター「BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J515N」。(記事は、こちらです



昨日届きました。

今まで使ってきたCanonやhpにはない、背が低くて平べったいスタイル。黒色がスタイリッシュで、なかなか気に入りました。

感心したのは、「インク節約モード」です。文字の読みやすさはほとんど変わらないのですが、図などのカラー部分は本当に薄くなります。


面白かったのが、インクカートリッジの蓋を初めて開封するときの『プシュッ』という音と動作。ガンダムなどのロボットアニメによくあるメカニカルな動作っぽいのが、面白かったです。






さて、「両面印刷のやり方」は以下のとおりです。(片面を印刷した後に、その紙を自分でトレーに再セットするやり方ですが)




DCP-J515Nの両面印刷のやり方」


1 印刷設定ダイアログを開く

2 「基本設定」 タブ → 「逆順で印刷」 にチェックを入れる

3 「拡張設定」 タブ → [その他特殊機能] → 「印刷ページ設定」 → 「奇数ページのみを印刷」

4 印刷する(奇数ページのみが印刷される。ちょっと時間がかかります。)

5 印刷した紙の白面を下にして、トレーに再セットする。(印刷面の文字がこちらから読める方向に置く)


6 「基本設定」 タブ → 「逆順で印刷」 のチェックを外す

7 「拡張設定」 タブ → [その他特殊機能] → 「印刷ページ設定」 → 「偶数ページのみを印刷」

8 印刷する(偶数ページのみが印刷される。ちょっと時間がかかります。)




トレーをいちいち引き出さなくてはいけないのがちょっと面倒ですし、トレーの劣化を早めてしまうかもしれないな、と感じました。



テキストを大量印刷する時や、旅行などで枚数(紙の重量)を減らしたい時など、「ここぞ」という時に使うことにします。



こちらに、図入りの説明もありますので、参照にしてみてください。

 →http://solutions.brother.co.jp/public/faq/faq/000000/002100/000020/faq002120_002.html?prod=dcp390cn&cat=










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「Administrator」権限をWINDOWS7に設定する(ブラザープリンターDCP-J515NをWINDOWS7パソコンに設置する)

ブラザーのプリンター DCP-J515Nが届きました(^^)



早速、WINDOWS7パソコンに設置しようとすると、説明書に

「Administrator権限(管理者権限)でログインします。」

とあります。



でも、WINDOWS7の初期設定では、administrator権限が表示されていません。


 ウインドウズマーク → 「プログラムとファイルの検索」 に「Administrator」と入力して検索 → 管理者アカウントの作成 で作成することができます。



無事、プリンタドライバのインストールも完了しました。





なお、Administrator権限でログインすることにより、

今までずっとトラブル続きで更新できなかったアドビの更新ファイル

 →WINDOWS7パソコンを購入してから2ヶ月間、ずっとアドビ・フラッシュプレイヤーの更新が出来なかったが、(とりあえず)更新成功。

も無事、更新することができました。











関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

写真ファイル(jpeg)の無劣化トリミングソフト buff


写真ファイル(jpeg)の無劣化トリミングソフト buff を使ってみました。

JPEGファイル切り出しプログラム buff


ブログ:知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

によると、

「jpegファイルは、保存すればするほど、劣化する」

のだそうです。

jpegは不可逆方式(元のクオリティには戻せない方式)だとは知っていましたが、これは知らなかった・・・。

そういえば、写真ファイルを加工すると、なぜか画面がのぺーとする感じがしていました。

しかし、このbuff を使えば劣化は一切ないそうです。





しかも、インストール不要!

レジストリをいじらないまま使用することが可能!(←これ、わたし的にとてもポイントが高いです!)




ちなみに、

「Exif情報の消去も可能」

とのこと。

Exifデータとは、「撮影時のカメラ設定等の記録」なんですね。(知らなかった・・・(^_^;)





操作は、すごく簡単でした。

メニューがシンプルで、直感的にわかります。



本当に、フリーのソフトには、良いものがたくさんあります。(作者さんに感謝(^^))






USBメモリーに入れて、使用していくことにします。










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

「プリンター開放宣言!」やっと出会えた、「ストレスフリー」のプリンター! 「BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J515N」


本記事からさらに2年後のレポートはこちらです!

 →ランニングコスト最強!ストレスフリーのプリンターは「ブラザー製プリンター」+「ビッグタンク」



____________________________________


ストレスフリーのプリンターに出会った。


少々大げさだが、少し、魂が解放されたような気さえしています。



今日、ニサルガダッタ・マハラジのPDFファイルを印刷していたら、

プリンター(HP-PSC-2355)が突然、(色かすれなどの予兆なしに)うんともすんとも言わなくなった。


印刷ドキュメントをクリアして再度印刷をかけても、再起動をかけても、

同じだった。



印刷ドキュメントに

「黒インクがありません」

と出ているのに気づいた。



まただ。



インクがすぐ無くなる。



今まで、いつもどこかで、プリンターのトラブルやインク切れに怯えている自分がいた。

少なくとも、パソコンを使い始めた1994年あたりから、ずっとそうだった。(16年間もだ!)



「なんでこんな時にインクが切れるんだよ!」(といっても、客観的に考えるとそんなに忙しくはないが)

と、一人でキレてしまった。


カウント機能で、ある一定数がくると自動で止めるなどという設定があるらしい。(これは、ひどい話だ)




そして、詰め替えインクを入れるときの敗北感。

小一時間かかって、手はインクだらけになり、机周りも汚れる。

なぜか、きまって大事なときに(すごく楽しみにしていたセミナーの前夜とかに)、不思議とこの作業をすることになる屈辱感。



でも今回、詰め替えインクを入れたのに、プリンターはシカトしたまま。



かといって、ヨドバシに行ってみると、

インクの買い替えに6千円くらいかかる。


もともと、WINDOWS7向けのドライバを入れてから、いまいちパソコンとの相性も悪い。



「もう、コイツ、嫌だ。」






重い腰を上げて、4代目のプリンターを検討した。


「Canon」 「hp」 「EPSON」

この中で、

安くて、メンテナンスが楽で、インクのコストが安く、タンク容量が大きく、

そして前面給紙の(背面給紙じゃダメだ。ホコリが溜まるし、ホコリ防止に布をかぶせると用紙が曲がる。これが実は、僕の2代目と3代目のプリンターをhpにしてきた理由だ)リーズナブルなプリンターはなんだろう?




価格コムの満足度ランキング1位に入っている、CANONの白黒レーザープリンター


Canon レーザープリンタ Satera LBP6200 A4モノクロ対応 A4モノクロ25ppm 給紙枚数250枚 自動両面印刷標準

は、かなり興味を惹かれた。


「白黒のみに特化」

という、今まで購入したプリンターにはない潔さ。



ただ、やはり唯一のネックは、白黒オンリーなこと。


たまにだけど、色が欲しかったりもする。

名刺印刷もしたいし・・・。


ランニングコストも、結局は高くつく気がする。

トナーが安くはない。


1枚4円程度のコストで印刷できるというが、

それならインクジェットプリンターで詰替インクを使ったほうが安そうだ。

それに、職場にあったレーザープリンターは、いずれも良く壊れた。

結局、そのメンテコストもばかにならないだろう。

これは面白い選択だったが、最後の最後で買わなかった。





それ以外にもCanonのいくつかの廉価なプリンターは4千円位で、なかなか良いが、

僕の大嫌いな背面給紙だったりするし、

インクカートリッジがヘッドと一体型で、それは今使っているhp-PSC-2355と同じ手法だ。


まったく同じイライラと、「いつインクが切れるんだ?」という恐怖(ちょっと大げさ)を抱えることになるだろう。




なお、

「替えカートリッジより本体の方が安いから、だめになるたびに買い換えればいい」

という意見もあるが、それは地球人として、エコの観点から絶対にしたくない。



ヨドバシに行ってみたが、プリンターのどれひとつにも、まったくときめかない。


ヨドバシの店員さんに、

「ランニングコストの一番良いプリンターは、どこのメーカーですか?」

と質問しても、

「さあ。まあ、詰め替えインクが一番充実しているのはCANONですね」

といった程度の返答だった。






帰宅後、食事をしたりして一休みした後に、

理想のプリンターに出会った。



それは、僕の概念の外にあった。


つまりそれは、

「Canon」や「hp」でもなく、「EPSON」でもない。


ブラザーのプリンターだ。




BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J515N
¥ 7,692



形も今まで使ったことがないような新鮮さを感じる。


しかも、

前面給紙だし、

コンパクトサイズだし、

なによりランニングコストが安いことが決定的だ。



純正インクが、この値段だ。(そしてこのインクの安さが、多くの人に受け入れられ始めているようだ)

ブラザー工業 インクカートリッジ お徳用黒2個パック LC11BK-2PK ¥ 1,543

ブラザー工業 インクカートリッジ LC11インク4色(BK/C/M/Y)パック LC11-4PK  ¥ 3,099



互換性インクも各種あるが、中でも「タダプリント」社の詰め替えインクのクチコミを見たときは、本当に感動した。

ブラザー LC11(LC16)詰め替えインク4色セットと大容量カートリッジ(純正66回相当分)【60日間返金保証】


「間違えて購入して良かったです」



とか、

「個人事業主です。
これまでプリント枚数はさほど多くはありませんでしたが、印刷するごとにインク代が頭をよぎっていました。
そんなとき見つけたのがこの商品です。
互換性インクを使用してからの修繕は保証の範囲外ということでしたから購入を迷いましたが、他の方のレビューを見て思い切って購入しました。

純正品に遜色がないほど綺麗に印刷でき、大きなタンクなので交換する回数も圧倒的に少なくなるので安心かつ楽です。
そして何よりも、今ではインク代のことを考えなくて済むようになりました。
ガンガン印刷してもなかなか減らないインクを見ていると、純正品を使いインク代に悩んでいたころの自分がアホらしく思えます。
詰め替え用のインクも無くなったら、間違いなくまたこの商品(詰め替えインク)を購入します。」




「ブラザーのプリンターは性能がとても良いのですが、
このビッグタンクもあるのでもうブラザーから離れられません。

過去、他社の詰め替えインクも使ってみましたが、最悪でした。
詰め替えが面倒だし、印刷の品質も悪いし、エラーがでるし。

レーザープリンターより導入費用もランニングコストかなり安いので本当にありがたいです!!

今では知り合いや客先にも勧めています!! 」




などとある。




「僕と同じ悩みを抱えた人がたくさんいたんだ。そして、それを解決してくれるプリンターメーカーが日本にあったんだ!」

と、思わず心のなかで叫んでしまった。(恥ずかしながら、ブラザーとは外国製だと思っていました)






今まで、

「本体を安く売って、高価なインクで稼ぐ」

というプリンターのビジネスモデルは、それこそビジネスモデルの見本としてビジネス書に書かれるほど、戦略的セオリーになっていたものだ。


そこに、ブラザー社は風穴を開けたのだ。


よりユーザーよりのものをブラザー社は作ってくれたのだと思う。





さて、

値段的にも、amazonが価格コムの中でも、1円違いで2番目に安い。

僕はこれをさっき、amazonで購入した。


BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J515N

会心の買い物だと思う。(なんて書くと、ちょっとばかっぽくもあるが)



なにより、インク切れが起きても、その後の展開が楽しめそうだ。





ADF(自動給紙機能付き)の上位モデル、


BROTHER MyMio A4インクジェット複合機 DCP-J715N
も、値段がこなれてきているので良いと思う。(僕は、スキャンスナップがあるのでADFは必要ない)





起業する上でも、頼もしいプリンターだ。(ブラザーのプリンターを知っているか否かで、ストレス度は大分違うと思う)






あらゆるイライラ、あらゆる出来事の中に、次のステップへのヒントがあると感じる一日だった。











2013.6.18追記

 本記事からさらに2年後のレポート

 →ランニングコスト最強!ストレスフリーのプリンターは「ブラザー製プリンター」+「ビッグタンク」













関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

10本の白いヒゲ

今日、少し驚いた。

ヨドバシカメラに行ったとき、姿見に写った僕の顔が、

少し老けて見えたのだ。



顔の左頬と顎に、合計10本位の白い髭が生えている。



退職後、気づいたら生え始めたのだ。




黒い無精ひげは精悍な印象もあるが、

白髪が交じることで、

老いた印象をもたらすことに気づいた。





僕も、若いとは思っていても、確実に肉体の老化は進んでいるようだ・・・。








2011.9.13追記(くだらないです)



ヒゲとは逆に、ワキ毛は、

右腕側だけ、やはり10本程度の白髪があります。


顔と胴体は、逆なんですね。












関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ファイル共有サイト「Scribd」でニサルガダッタ・マハラジの英語本「Pointers From Ramesh Balsekar」をPDF版で購入

Scribdという文書ファイル共有サイトでニサルガダッタ・マハラジの本「Pointers From Ramesh Balsekar」をPDF版で購入しました。


このサイト、百式氏いわく

次のYouTubeはこれだ!簡単に文書が共有できる『Scribd』 | 100SHIKI

などと注目を集めつつあるようです。(僕は今回、「Pointers From Ramesh Balsekar」を検索してて、偶然知ったが)



購入したのは、ここから。

 →Nisargadatta Maharaj - Pointers From Ramesh Balsekar




この本は、amazon.com(アメリカサイト)の書評によると、

「同じ著者(Nisargadatta Maharaj)の一番有名な、そして一番売れている本であるI Am That以上に、訳がシンプルで美しく、とても分かりやすい。ニサルガダッタ・マハラジ本の中でベストだ!」

といった感じの、高評価が集まっている。



それもそのはず、なんと英語への翻訳者が、


誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―

の、ラメッシ・バルセカールなんです。


自身が本を書かれる対象となるほどに悟りに精通したインド人が、

英語にも精通していれば(ちなみに、ニサルマガダッタ・マハラジは英語ができないそう)、

英訳も期待できます。



たしかに、

I Am That

の英語版と、

Pointers From Ramesh Balsekar


を読み比べてみると、Pointers From Ramesh Balsekar
のほうがはるかに平易な英語を使っている気がします。





しかしこの「Pointers From Ramesh Balsekar」、

残念なことに日本語訳版の本が出ていない。(もっとも、日本語訳版になれば、またここで訳の質が問われるわけだけど)




I Am Thatの方は、(ちなみにこれ、なんと無料でゲットすることができます!英語サイトはすごいですね→http://www.biogetica.com/i_am_that.pdf)マイナーな単語がたくさん使われ、一文が長かったりします。かなりわかりづらい。(このことは、上記のクチコミでも書いてありました)


僕の英語力では、かなりキツイ( ´θ`;)




そこで、思い切ってこちらを購入してみました。


24時間使用OKで、5ドル。(398円で購入することができました)






ただ、ダウンロードしてわかってショックだったことがあります。


残念なことに、テキスト化されていませんでした・・・。

つまり、画像データのままでした(T_T)




メニューに、

 ・ PDF版のダウンロード

 ・ テキスト版のダウンロード

とあったので、テキスト化されているだろうとたかをくくっていました。


(ちなみに、テキスト版をダウンロードしたら、空ファイルでした)




なので、

「文字をドラッグすることで英和辞書を使って楽に読む」

ことも目論んでいたにもかかわらず、

それは出来そうもありません。




まあ、普通にamazon.comでペーパーバック版を購入すると、

本題(Pointers From Ramesh Balsekar) $16.95
手数料(Shipping & Handling)      $ 5.48
合計                    $22.43 ≒1,800円


なので、電子版の398円を引くと、差額で1,400円節約ということにはなりますね。


まあ、プリントアウトして読むつもりなので、紙代・インク代と、プリントアウトする手間(これが良くミスるんですが)などのコストが大きいですが。



ドラッグして辞書を当てる機能を使えない以上は、ペーパーバック版を購入した方が気分が上がるかもしれませんね。
















関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

WINDOWS7の透明感を無効にする方法

WINDOWS7の透過は、かっこいいが、背景や後ろのウインドウが見えてしまって、
画面がごちゃごちゃする。

だから、僕はあまり好きではない。





【透明感(透過)を無効にする方法】


1 コンピュータ → 右クリック → プロパティ

2 左側の「システムの詳細設定」

3 「詳細設定」タブ → 設定 → (パフォーマンス オプションが開く)

4 「視覚効果」 → カスタム 

 で、「透明感を有効にする」のチェックボックスを外す

 ついでに、「ウインドウの下に影を表示する」もオフにした。



 
 のっぺり感が出たが、スッキリ見やすい感じがする。







関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ぎっくり腰?になる(片づけの魔法23日目-3)

今朝から、腰が痛い。

腰の左後が痛くて、起き上がったり、歩いたりしても痛みが走る。



ここ1ヶ月、片づけを理由にジョギングをやめていたのだが、昨日、身体がなまり、どうしても走りたくなったのでいつもの公園を走った。
公園内で腹筋・背筋も含めた、ほぼ通常ルーチン(といっても公園3周のうち、最後1周は早歩きで流した)をした。

昨夜あたりからややおかしくなり、今朝はもう本格的に痛みが走っていた。



おそらく、

ここ数日のノートの裁断とスキャンの連続作業も関係しているだろう。(両方ともじゅうたんの上においているので、かがみ気味だった)



昨日の最後の方は、裁断するときに腰に痛みも感じていた。





やはり、神話通りだ。


神話とは、

「腹筋と背筋を鍛えていれば、腰痛にはならない」

という信念のことだ。



中学生・高校生のころ、ずっと腰痛に悩まされていた。

でも、あるスポーツ選手が腰痛を腹筋・背筋でカバーする話を知って、

それを取り入れて僕も克服していた。





今回は腹筋・背筋を1ヶ月間さぼっていたし、

その上、

腰に負担のかかる作業をずっと続けていたのは、大きかったのだろう。





再来週にはハワイに行くのに(汗)



僕は良く、大事なことの前に大きなトラブルを抱える傾向がある。



これは、なんのサインだろうか?












関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

裁断機「カール事務器 ディスクカッター DC-210N」か「プラス PK-513L-26-106」のどちらかを買おうかどうか迷っている場合の裏技(片づけの魔法23日目-2)

いわゆる自炊をする場合に迷うのは、どの裁断機を買おうか?ということだと思う。





カール事務器 ディスクカッター DC-210N



か、


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106


のどちらが良いだろうか?




それぞれ、アマゾンなどのクチコミを見ればかなり参考になるが、

実際に自分で使ってみるのが一番だ。





今度、旅行でスーツケースをレンタルすることから、思いついた。

「裁断機も、レンタルすれば良いんだ!」


探してみると、

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nは、見つけた。

 →DMM.com



僕は、今回の目的がノート50冊の裁断&スキャンだったので、一度に裁断できる枚数の少ないカール事務器 ディスクカッター DC-210Nの方で充分だ。




早速レンタルしてみたが、気軽な価格で試してみられるのはとても良い。





使ってみての感想だが、

枚数はノート一冊を一度に(ギリギリ)カットできる位だ。

でも、説明をちょっと読んだだけで直感的に簡単かつ安全に扱える。

簡単にスパッと裁断できて、なかなか良い。



本や雑誌も試しにやってみた。

30枚くらいごとに分けなければいけないが、その時にページを少し破ってしまったりした。


本の自炊中心に考えるのであれば、(そして冊数が100冊を超え、かつ保管スペースを気にする必要のない場合は)

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106のほうが良いと思った。





カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの方は、

家に保管する場合も、そんなには馬鹿でかくない。(小さいとまではいえない)

でも、僕的には許容量だ。

ランニングコストも、替刃が安いのでこちらに軍配があがる。


僕は、シンプル・イズ・ベストでカール事務器 ディスクカッター DC-210Nのほうに軍配があがる。




DMMの貸し出し方法も改善され、使いやすくなった。(今は「お届け日: 」「 返却手続き日:」と分かりやすいが、つい数日前までは「DMMの配送手続き日~DMMへ到着する日までで5日間」などという、DMM目線での貸し出し方法だった)


とにかく、DMMのレンタルで最初に試せたのは良かった。

オススメである。










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

ツギハギしてでも使い続けたいものを持つ=本当の豊かさ(片づけの魔法23日目)

火曜・水曜と、今まで書きためてきたノート約50冊を裁断機(カール事務器 ディスクカッター DC-210N)でカットし、スキャンした。

これも、いろんな意味で重かった。過去とエネルギー交換をしたような気がしている。





衛星放送「たけしのアートビート」の奥山清行(フェラーリなどのカーデザイナー)の回で次のようなことをたけしが言っていたのが、印象に残った。

「ツギハギしてでも使い続けたいものが、本当の豊かさだろう。

そうしたいものが、我々は親や祖父から受け継いでいない。高度成長期を経てきた我々にはほとんどない。そういう部分は、欧米にまだかなわない」





なるほど!

片づけをしている今、すごくピンとくる。



いつまでも持ち続けたい、ワクワクするものに囲まれていたら、どんなに幸せだろうか?




僕が持っていたモノたちはみんな、遅かれ早かれ、「持っていることが負担」になった。


番組に出ていた山形県の(奥山氏の地元。同級生が社長)

菊池保寿堂の急須

http://www.kikuchihojudo.jp/shop/teapot/mayu-s/index.html


http://www.kikuchihojudo.jp/shop/teapot/shibo-ss/index.html


などは、そういうものかもしれない。



持つべきものは、こういう本物だろう。いつまでもワクワクを貰えるものであれば、値段は高くとも良い。



なぜなら、

並のモノを買って、いずれワクワクしなくなったときに手放すストレスと、

新たなワクワクを探すエネルギー(と、もちろん新たな出費)を割く必要がないからだ。











関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム