神話とは比喩である。「神話を教えなくなった民族(=日本)は100年続かない?!」 ~万葉集~

今日は,日本の神話(という意識すら希薄でしたが),万葉集 (まんがで読破 MD119)について書きます。



子どもの教育で神話を教えない国は,日本だけ。



のっけから重いテーマが。


本当でしょうか?


ググってみたら,情報がドバドバとヒットしました。

 ・神話も、建国の経緯も教えないのは日本だけ

 ・第10回 古事記を取り戻せば日本は輝く

 ・神話を教えない民族は必ず滅びる

 ・『自分たちの国の神話を教えない民族は100年以内に必ず滅ぶ』


ブログ記事より,一部引用です。


「神話を教えなくなった民族は100年続かない」

歴史学者、アーノルド・トインビーは
世界中の民族を研究して、こう言った。

第二次世界大戦以降、
日本の教科書に「神話」はない。

戦後の日本を支配したアメリカが、
「天皇の系譜や日本書紀などの建国の話を
危険思想として教えることを禁じた」
からである。

世界の国々で、自国の建国の歴史を教えない国はほとんどない。
むしろ、自慢げに国の歴史を語る国民がほとんどだ。


ところが、日本人は建国の歴史を知らないほうが普通で、
自国にあまり自信を持っていない。

それほど、戦後のアメリカ支配によって植えつけられた
日本人の罪悪感は強烈だった
のだ。

アメリカがことのほか丁寧に日本人の意識を変えたのは、
「天皇」に関する事柄である。

現在、日本の教科書に天皇の記述はたったの4行、

「戦前は絶対的な主権者だった天皇が、
戦後その地位を追われ、国民が主権者になった。
天皇はもはや象徴である。」という主旨。

我々が常識としている「象徴としての天皇」がここにいる。




そんな戦後の歴史を経て、
日本は
「日本が好き」という人が4割しかいない国民となった。
これは先進国中「最下位」であり、異常な数字
である。


戦後のアメリカが恐れたのは、
あまりにも優秀な日本の国民性だった
という話は、
時代を経るにつれて、真実味を増してくる。


ブログ神話を忘れた国民は100年続かないという。より




そういえば,

「日本を占領したGHQにより,徹底的に『日本国民愚民化政策』が謀られたということを学んだことがあります。

【参考】

3S政策

米国による日本人愚民化政策「3R」「5D」「3S」







■神話とは「比喩」

神話は目には見えないことを表現しようとしている。


何を言わんとしているのか?

それを探る気持ちで読まなけれは,

神話は全く意味のない物語となってしまうでしょう。



「古事記」は目に見えないものを表現しようとしていて,

それを誰にでもわかるような比喩を使って表現しているだけです。

そして名前を逐一記しているところにも,ちゃんと意味があるのです。


「古事記」はまだ日本語が完成していない時代に作られたものですから,

当てられた漢字にはほとんど意味はありません。

(音を頼りに読み解いていく)



「古事記」には我々日本人の歩んできた歴史が比喩を駆使して生き生きと描かれているのです。






■悲劇へ

今まで順調に神々を産んでいったのに,どうして火の神が生まれたことでこんな悲劇が起こるのかしら?


火を操るすべを得た人類は飛躍的に文明を発達されていきます。

現在の私達の文明は「火」と「鉄」に支えられています。

火は同時に「力」の象徴でもあります。

武力を持ったことで感情による殺傷が始まったことを語っているのではないでしょうか?




この記事を書き始める当初には予想もしなかったような重たい方向に行ってしまいましたが,

そろそろ,我々の神話(究極の古典)を取り戻しても良い時期に来ているのではないでしょうか?











【本日の課題図書】


万葉集 (まんがで読破 MD119)




日本人はなぜ日本のことを知らないのか (竹田 恒泰 著)



日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (竹田 恒泰 著)









【最近ハマっている「まんがで読破」シリーズ関連記事】

あなどれない教育の古典 (本)エミール

(本)これは傑作マンガ!→マルセル プルーストの「失われた時を求めて」 (まんがで読破)

(本)「赤と黒」 重厚な「ハーレクイーンロマンの走り」に衝撃を受けました・・・。

メンターブームの走り?! (本)ゲーテとの対話

(本)武士道 最近,「まんがで読破」シリーズにハマっています











関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

なぜパリの社交界ではだめなのか?「恋愛」について目から鱗が落ちる古典 エミール2

前回記事から教育の古典,エミール (まんがで読破)について書いています。

 〈参考:前回記事 あなどれない教育の古典 (本)エミール


私がエミールを読んだ一番の収穫は,ズバリ

「異性との距離感」についての気づきです。


この本で語られたことは,もはや日本人には完全に盲点になっているのでは?

と感じたのです。(特に,都会にすむ若者は,こういった状況だと感じました)




以下,引用です。



これは私の時代の堕落した社会において,

新しい人間観を与えるためにわたしが実験した教育であります。



エミール。

君は幸福にならなければいけません。

私は君をこの手で抱きあげてからの22年間,

そのためだけに自分の時間を捧げてきたのです。






■男女関係をどのように始めるべきか?


早まった教育は異性との関係を低俗な刺激によってかきたて,
性欲という形でしか発揮されなくなってしまいます。
本来,思春期とともにあらわれる愛他心は,種族保存の本能に基いて発生します。
そのため本能は,異性への好みははっきりしていません。
つまり,異性への愛情は,知識・偏見・習慣からつくられるのです。



エミールも20歳になりました。

私は青年期に現れる異性に対する情動を,別の授業によって妨げてきました。

しかし,もうそれもいいでしょう。


ただし,これまで遠ざけてきたものを急に突き出すようなことをしてはいけません。

溢れ出る官能は間違った選択をおこなう可能性が高いからです。


そこで私は,彼と理想の女性について語り合うことから始めます。

理想の伴侶をふたりで考えるのです。

その結果,官能によってむやみやたらに女性を求めることを抑えるのです。


(理想の女性像を「ソフィ」と命名)
 ・善良な天性
 ・清潔さ
 ・良心により与えられた愛で,隣人を幸福にできる女性




そして私たちは旅にでることにします。

エミールにとってふさわしい伴侶を求めるとともに,私の最後の教育を完遂させるために。






■パリの社交界


・美しい女性が多い
・しかし彼女らは,相手のもつ富に目を向けたり,あるいは逆に,富を利用して淫欲な関係を持とうとする



私は,ここにソフィーがいるとは考えていませんでした。

エミールには,ソフィーと出会う前にここに来る必要があったのです。

私はエミールが幸福になる手段を富に求めることを防ぐため,

パリに来て貴族たちの堕落した生活を見せたかった
のです。

賭け事ばかりで無駄に時間を費やす貴族や,

収集物を完璧にしようとし,豊富にあることで逆に貧困を感じる貴族。

彼らは活動的な生活を送る民衆とは違い,倦怠から逃れようとしながらもそれに囚われているのです。


この高名だが騒音で騒がしい泥まみれの都では,

女性は貞操を,男は美徳を真面目に考えなくなっている
のです。








■パリから数週間のところで,没落貴族の娘ソフィー(偶然にも同名)と出会う


しかし私には,まだエミールに与えねばならない最後の教育が残っているのです。

きっとエミールにとって一番辛いこととなるでしょう。

しかし,これを乗り越えなければ永遠の幸福は訪れないでしょう。



「ソフィーが死んだ!!」

という知らせを聞いたら,どうしますか?



心の苦しみは,まだ君には与えられていないのです。

君は今や,自分で自分に与えている結びつきに縛られています。

いくら健康であっても,多くの悩み,苦しみに魂を責められるでしょう。

人間は多くの愛着を持てば,その分多くの苦しみを招くのです。


ソフィーが死んだと考えただけで恐怖に囚われていましたね。

人はいずれ死にます。

その時が来る前に,

君は失うことを学ばなければならないのです。


そしてたとえ失うことがあっても勇気を失わずにいられるようになるのです。

そうすれば君は運命がどうあろうと幸福でいられるでしょう。



~ソフィーと離れ,二年間の旅へ~







■二年後


私たちは二年近くヨーロッパ各地を旅し,外国の自然・政治・芸術・人物を見て来ましたね。

君は旅の結果,どう生きていくのですか?



「はい。

私は誰よりも自由に生きていくつもりです。

金持ちであっても,貧乏になっても,

自分のでき得ることだけを望み,

自由であり続けたい。


ただ,必然の束縛はこれまでと同様,死ぬまで耐えるつもりです。

私は運命を受け入れ,自然の掟にしたがい,死ぬ時がきても怖れません。


しかし,私は一つの束縛は求めます。

それはです。

私はソフィーとの結婚により,さらに自由で幸福になれるのです」





最後に君に,一つだけ伝えたい。

男性は父親になると,伴侶への愛が冷めやすくなるものです。

エミールよ。

いつまでも恋人同士でありなさい。

そうすれば,いずれ愛が信頼へと変わり,

君たちの家族の絆となるでしょう。






■ 宗教

これまでを通じて(エミール18歳),宗教についてはなにも語りませんでした。

これまでの教育のように必要もないのに学べば,

いつまでも本質を知らないままになってしまう
からです。


宗教は未だに多くの神学者によって教理を追求されており,答えを探し続けているのです。

本質が定まらないものを教えたところで無意味なのです。


では宗教を信じている子供はいったい何を信じているのか?

それは子供が理解できる範囲のものです。

つまり,「神と呼ばれる何者かがいる」と子供に言った聖職者のことを信じているのです。



私は神の存在を信じていないわけではないのです。

ただ,真理を理解できない者に真理を告げるのは控えてほしいと言っているのです。

それは真理の変わりに誤謬を与えてしまうからです。

神にふさわしくない卑俗で幻想的な観念を持つよりは,

神についてなんの観念も持たないでいる方がマシなのです。




「最近は,『スピリチュアル病』にかかってしまい,

『エネルギーがど-のこ-の』

『気がど-のこ-の』

と騒ぎ,本当の自分から目を背けたまま,幻想の世界に入っている人が沢山います」

と言っていた僕の師匠の言葉を想い出しました。





■宗教の選び方について

大体の子供は,父親の宗教のなかで育てられます。

どんな宗教があっても,個人にとってはその宗教だけが正しく,

他は邪教と化してしまう
のです。


ではエミールにはどのような宗教に加入されたら良いのか?

そんなことを考えないで,自分自身の理性の導きで宗教を選べるように育てれば良いのです。






■エミールの先生を導いた聖職者の話し

・仮に施しをくすねたお金で豊かな暮らしをしたとして,それが本当に幸福だとおもいますか?

それはただの幻想に過ぎません。

幻想は不幸を覆い隠してくれるどころかさらに大きくし,

なんの価値もないものに価値を与え,ただ欠乏を感じさせるだけなのです。



・私は自分自身を見つけるために,様々な哲学書を読みましたが,

哲学者たちは皆,断定的であり,独断的な見識しか見いだせませんでした。

一致していることは,自らの地位の維持のためだけの論争であり,

そこにはわたしが不確実な状態から抜け出す方法は書かれていなかったのです。


しかし,私は彼らの書物から,

他の者とは違うように考えること,自らに利害があることだけを考えることを学んだのです。

次に私は,自らの心に応えを求めたのです。




・世界が存在する理由はわかりません。

しかし私たちが目的を持って行動をするように,世界にも目的があって動いているはずです。

その宇宙を動かし,万物に秩序を与える存在者こそが,

私たちが神と呼ぶべき存在なのです。

それを知った私は自分自身の内にも神を感じ,

私の周りにも神を感じることが出来たのです。


「つまり,あなたは自然宗教を信仰しているのですか?

 ですがそれでは教会の教えに反しているのではないでしょうか?」



それは宗教そのものがそれぞれの民族の伝統だからです。

あらゆる宗教はそれぞれの流儀で神に語らせて,その民族の宗教を守ってきたのです。

そして宗教の根本は良心にあります。

良心から神を敬っているなら,どんな形式で敬意を表しても,

神はそれを退けないのです。

ですから,宗教はすべて結構なものだと私は信じています。

だからこそ私は再び聖職者となったのです。


神の存在を自身のうちに認め,良心にしたがい生活すれば,

どんなに貧しかろうが幸福になれるのです。



宗教の本当の義務は,人間の作った制度とは関わりがないのです。


恩師は私に信仰告白をして教えてくれました。

全ての宗教は善性において自然宗教につながることを。


宗教を知らなかったエミールが自らの良心により宗教を選ぶ日がくる時,

自然宗教とかけ離れた宗派に属することはないでしょう。







古典の深さに圧倒される一冊でした。(漫画ですが)











【今日の一冊】

 
 エミール (まんがで読破 MD111)












【最近ハマっている「まんがで読破」シリーズ関連記事】

あなどれない教育の古典 (本)エミール

(本)これは傑作マンガ!→マルセル プルーストの「失われた時を求めて」 (まんがで読破)

(本)「赤と黒」 重厚な「ハーレクイーンロマンの走り」に衝撃を受けました・・・。

メンターブームの走り?! (本)ゲーテとの対話

(本)武士道 最近,「まんがで読破」シリーズにハマっています












関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

あなどれない教育の古典 (本)エミール

最近ハマっている「まんがで読破」シリ-ズ。

今回は,ルソーによる教育の古典「エミール」を読んでみました。


実は,あまり期待感もなく読み始めたのですが,

これは,今,我々が読むべき内容だ!

と,驚きました。


なぜなら,

最近の教育書や自己啓発書では完全に”盲点”となってしまっている
いくつかのことに気づかされたからです。

これぞ古典を読む醍醐味!

と感じさせる一冊でした。



以下,一部引用です。

「貴族女性の心得」

 ・女性の立場は「母」ではなく「妻」であり,社交界は大事である

 ・赤ん坊に乳房を出すのは滑稽だ

 ・子供を可愛がるのはいけない



「赤と黒」や「失われた時を求めて」も含め,

これを読むまでは,恥ずかしながらこういった風潮がかつてのヨーロッパの上流階級にあったことを知りませんでした・・・。


〈参考記事〉

 ・(本)これは傑作マンガ!→マルセル プルーストの「失われた時を求めて」 (まんがで読破)

 ・ (本)「赤と黒」 重厚な「ハーレクイーンロマンの走り」に衝撃を受けました・・・。



「幸福」

本来,自然は人間の自己保存に必要な欲望とそれを満たすために十分な力だけを与えていました。
そのため,欲望を満たすことのできる人間は幸福だったのです。

しかし,
文明の進歩により人間は自分の力以上のものを求めるようになりました。欲望を満たせず,不幸になったのです。

不幸はものをもたないことにあるのではなく,それを感じさせる欲望のなかにあるのです。

だからわたしは,エミールが理性を持つまでは社会がつくりだした文化から遠ざかるようにします。
理性を持ち始める時期,12歳までの教育は消極的であって,心を不徳から守らなければならないのです。


私はエミールに知識を与える前に,まずその基礎である肉体・感官・力を訓練させたいと思います。
たくさんの運動をさせ,肉体の向上とともに力をつけさせます。
とはいっても,私は何も手助けはしません。
飛び跳ねたりかけまわったり大声を出したりと
子供らしい行動はすべて自らを鍛えるものだからです。







■ 「少年期」

 ~12歳から~

12歳になったエミールは成長期を迎え,急速に力をつけていきます。
これまで私は彼を社会にある様々な欲望から遠ざけ,幸福な子供時代を過ごさせました。そんな彼にとって,この時期は有り余る力を持て余してしまうのです。

そこでわたしは彼の余分な力を未来に貯蓄させます。
すなわち仕事や勉強,研究の時期が訪れたのです。



■質問はさせない

私はエミールに疑問を投げかけ,質問をさせずに話を切り上げます。
彼の有り余る力は知的好奇心となり,彼をかきたて,答えを求めることをやめないでしょう。



今までエミールに書物を読ませることをしておりません。
しかしここで,私は彼に一冊だけ読ませたい本があります。

それは「ロビンソン・クルーソー」です。

エミールはこの書物に夢中になり,楽しむとともにさまざまなことを学ぶでしょう。
エミールに無人島での生活を考えさせることで,
自分の利害を考え,自分で判断をくだすことを学ばせます。







■ 青年期


~思春期~

普通,教育が終わりとなるこの時期こそ,わたしは教育を始めるべきだと考えているのです。


これまで私はエミールを人間関係から遠ざけてきました。
それは歪んだ社会的道徳を与えないためであり,
自然が与える大事な情念を汚さないためなのです。






■人間の心を知る


さらに十分に研究するために,人間の心を知ることを始めるのです。
それはこれまでおこなってきた自然教育ではなく,他人の経験によってて教育させることにあります。
つまり,書物を読ませる時がきたのです。
ここでわたしはエミールに歴史を教えたい。歴史を通して彼に人間の心を研究してもらうのです。

人の心を研究するならそんなことをせず,社交界に行けばいいと思うかもしれません。たしかにそこでは人々の話は聞けるでしょうが,しかしかれらは弁舌を示すが行動は隠すのです。仮面をかぶり,善人のふりをする彼らのなかでは人の心を研究するのは難しいでしょう。

ところが,歴史の中では行動が明らかにされ,事実に基いて判断される。

彼らの言っていることと,していることを比べて,彼らは実際にどういう者であるか?

また,どう見せかけようとしているかが同時にわかるからです。


■歴史を学ぶ危険

しかし歴史を学ぶにも危険な不都合があります。
 
大きな欠点の一つに,人間を悪い点から描いているものが多いことです。

歴史は革命とか大騒動とかに重点をおくため,国が平和の時のことはほとんど語らないからです。


また,歴史家によっても本の質が違います。
近代の歴史家は特に悪く,肖像を美化させることばかりに専念するありさまです。

このように歴史を事物であつかう本では,人の心の研究は難しい。


そこで私は,歴史でもむしろ個人の伝記を読ませることにします。



■個人の伝記

偉人はいくら姿を隠そうとしても無駄で,歴史家は彼を世に知らせることになるのです。


ここに古代人プルタルコスのかいた伝記があります。

彼は私たちが見もしないであろう些細なことから人物を描くことに優れています。

個人の性格は,些細な事から現れるのです。

例えば,

冗談一つで怯えた軍隊を安心させたハンニバルの話しや,

泊めてもらったお礼に薪を割るフィロポイメンの話しなど,

ちょっとした出来事からも十分に個人の特徴を表しています。



そしてエミールは,そこから歴史的な快挙をみるのではなく,その人間性をみると共に,

その人は幸福であったかどうかを考えるでしょう。

エミールはその偉人になろうとして本を読むことはしません。

その偉人をみて,どうすれば幸福に生きられるかを常に考えるはずです。





やや長かったですが,いかがでしたか?


「質問はさせない」

は,どうかな?

と思いますが,

「なるほど!」と思わされる内容も結構多かったのではないでしょうか。


でも,もっともっと面白い内容があるんです。


それはまた,次回に・・・。











【今回の一冊】
 













【最近ハマっている「まんがで読破」シリーズ関連記事】

(本)これは傑作マンガ!→マルセル プルーストの「失われた時を求めて」 (まんがで読破)

(本)「赤と黒」 重厚な「ハーレクイーンロマンの走り」に衝撃を受けました・・・。

メンターブームの走り?! (本)ゲーテとの対話

(本)武士道 最近,「まんがで読破」シリーズにハマっています














関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム