片づけは、地獄(片づけの魔法7日目)

「魅力的な肉体」

「過去のノート」

「良い評価の通信簿」

「大好きな本」

「彼女」

「お気に入りの服」


あの世にもっていけるものは、一つとしてない。




しかし、困ったことに、持っていってしまうものが2つある。


それは「記憶」と、

「記憶へアクセスしたがる衝動」だ。


その二つを持ち続けることによって、「苦しみの現実」と「苦しみの転生」がもたらされ続けることになる。


その「衝動」は、いいかえると「記憶」へのグリップの強さ、メランコリックな感覚ともいえる。

これは、どこからくるのだろうか?


「身体=私」と見る、エゴ(動物)の視点からくるのだ。




「記憶」はある意味、仕方がない。まっさらに消すことは、難しいからだ。


問題は、「記憶にアクセスしたがる衝動」だ。




その衝動は、僕の過去も大きく影響している。


まず、職歴だ。

初めて就職した先で行ったのが、リサイクル事業だった。
とにかく「物を大切に」ということをたたき込まれた。例えばエコバックなどは、流行する15年前から実践していた。


また、それ以前から貧乏で「捨てられない母。使わないものに囲まれた母と祖母の家系に生まれた。

つまり、「物惜しみのサラブレッド」なのだ。




だから、ときめきの片づけを身につけることは、
家系の運命を大きく変えることにもなる。


運命を変える。

そう考えると、僕にとって、片づけがすんなりいかないのはむしろ当たり前に思えてくる。




なぜ、足かけ半年もの長きにわたって、片づけがストレスであり続けているのか?

これは、レッスンなのだろう。

「まだ目の前のことを記憶と照合し、「損か?得か?」を観に行く傾向を手放してはいないですよ」

というサイン
だ。


それはつまり、

「私は身体」

だと誤ってみていますよ、

と教えてくれているサインでもある。




世界は、愛で包まれているという。

だとすれば、このレッスンも愛に他ならない。

地球とは、魂の段階をあげるための修行場である。毎瞬、あらゆることでレッスンを伝えてくれているのだ。






明日以降の順番を変えようと思う。

通常、魔法の片づけは以下の順序を推奨されている。

1 服
2 本
3 書類(←今回、7日間実施して、まだクリアできない!!!)
4 小物
5 思い出の品
6 写真

の順番だが、ノート類は強烈な記憶(つまり、「思い出の品」)でもあるので、それは後回しにしようと思う。幸い一箱にまとめることもできた。
なにより、自分のことを知るきっかけになるかもしれないし、
なぜか日記を読み返すことをしない僕の中で、何かが変わるかもしれないと思うからだ。




記憶とは、苦しみである。悟らない限りにおいては。










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム