「奇跡のワーク」×映画「WATARIDORI」=魂の深いところを開放する

去年のクリスマスイブから、『奇跡のワーク』を実行している。

これが、なかなか良い。

今まで、幸せに関する探求を数十年行なってきたが、僕の中でいよいよそれらの意味・情報が統合されていく感覚を感じつつある。




今日は、「奇跡のワーク」のレッスン21(「知覚のとびらをあけて (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック2)」 香咲弥須子著)を行った。


7回行った。


ふと思いたち、そのワークブック2で香咲弥須子さんが紹介している映画「WATARIDORI」を見ながらワークした。


胸の奥で、なにかが起こった。


涙がとめどなく出てきて止まらなくなった。



ワークは、1回につき1分、回りの世界を見渡しながら、以下を自分に言い聞かせていきます。

  わたしは、ただ滅びゆくものだけを見ています。

  わたしは、存続していくものを何も見ていません。

  わたしが見ているものは、現実ではありません。

  わたしが見ているのは、ひとつの報復の形です。

 (最後に)
  これは、わたしが本当に見たい世界だろうか?


 「知覚のとびらをあけて (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック2)」 香咲弥須子著 レッスン21 より






「レッスン13 意味のない世界が、恐れを引き起こしています」


に続いて、

『奇跡のコース』で涙が出たのは二度目だ。



だが、

不思議なことに、どちらも「悲しい」とか「辛い」などというはっきりした感情ではない。



理由がわからない感じがしている。



おそらく、深いところを揺さぶり、そこに抑圧して蓋をしている罪悪感などのネガティブな感情にさわった(開放は、徐々に起こりつつある)結果、涙が出たようだ。



























関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム