スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気アップに効果あり!(淡蒼球・のうだまの秘密)

勤めていないと、生活が不規則になりがちです。

僕は、今こまっています。

寝るのが3時、起床が10時なんてのもザラ。


これじゃあ、いけない。


そんななか、

池谷裕二さんと上大岡トメさんの共著「のうだま ~やる気の秘密」がとても参考になりました。


なんでも、やる気になっている時には、脳の淡蒼球(本当に青いそう。場所はアジナ-チャクラのあたり)という部分が動くそう。

では、淡蒼球ってどうやったら動くのか?



残念ながら、直接動かすことはできないそう。


ただし間接的には、動かす4つの方法があるそうです。


1 Body 身体をうごかす

2 Experience いつもと違うことをする(海馬のスイッチが入る)

3 Reward ごほうびを与える(テグメンタ)

4 Ideomotor なりきる(前頭葉)



1の「まずは身体を使う」というのはすごく納得。

「やる気は、じっとしていても出てこない。カラダを動かして、初めて出てくる」 

「やる気は、むかえにいくもの」

「脳の気持ちになってください」
脳は頭蓋骨の中に閉じこもっているから、何もしないというのは、「何も上映していない映画館の中に閉じ込めておくようなもの」なのだとか。

また、脳はもともと飽きっぽくできているのだそう。生きていくために、脳がマンネリ化をさせるらしいです。(なぜじゃ?)


さらに核心的な部分は、実際は、「脳が身体を支配している」のではなく、「身体が脳を支配している」とのこと。
たしかに、人類(生物)の進化史をふりかえれば、脳が後から発生していますもんね。

他の脳科学の本を読んでも、「思考は後付け。衝動が先にある」ということがわかります。




2 Experience いつもと違うことをする

も体験的にわかります。(最近、公園にいって「在る」の練習を始めましたが、大変良いです)




4 Ideomotor なりきる

も、「モデリング」などといって、実践する経営者が多くいますよね~。
自分は、全体性とか、俯瞰する視点が失われそうなので、なんとなくやりませんが。



それとかんれんして、参考になったのが、「同じ時間にやる」というもの。中でも、以下の4つが良いそうです。(これは、池谷さんではなく、上大岡トメさんの娘さんが通う学校の先生?が言っていたそうですが)

「朝起きる時間」 「自分の活動を始める時間」 「晩ごはんの時間」 「寝る時間」を決める。



さっそく、ねむログを3年ぶりに再開してみました・・・。






のうだま―やる気の秘密










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。