本を三冊 北島康介選手と平井伯昌コーチ関連本

「在る」ということについてブレイクスルーするヒントをさらに得ることを目的に、北島康介選手と平井伯昌コーチ関連本を三冊読んだ。結論からいうと、心をどう目標達成に向け、成果を出すか?という男性性的な行動力を求める私にとっては、昨日読んだ平井コーチの突破論以上に参考になるものはなかった。(参考:本「突破論」 世界有数のコーチ 平井弘昌氏の著書から突破するキッカケを得る





平井式アスリートアプローチ―北島康介育ての親が明かす心の交流術(平井伯昌 著)

【自己評価】 ★★★
【コメント】 今回の三冊の中では一番参考になった。題名どおり、アスリートへのアプローチ全般を広く浅く網羅している本だった。個人的には、脳内の話がけっこう面白く、

「どの競技にも若くして成功を収めているコーチがいますが、彼らは、脳への記憶の蓄えが、たとえ『自分の経験』による部分は少なくとも、『見聞』や『他人から学ぶ』という点で、多くの引き出しができているのだと考えます」(P209)


という言葉が面白かった。

また、コーチングに役立つ本として二冊紹介しているのが興味深い。

(1) 坂の上の雲(司馬遼太郎 著)
  歴史上の人物がなぜ、書物になるか?
  「基本理念は、今も昔も変わらない。だから人は本を読んで先人に学び、教えを受ける」という。

(2) 三国志(宮城谷 昌光 著)
  僕は、三国志といえば、吉川英治版を思い出す。平井コーチは、 宮城谷 昌光 版だという。なぜか?
三国が誕生する起因のところから書かれ、他の三国志を読んでからでないと読めない、「難易度の高い三国志」だという。
「四知」というエピソードが特に印象に残る、という。

「地方の役人から賄賂を差し出された中央の役人が、『天知、地知、我知、汝知。なんで誰も知らないと言えるのか』と言うのです」(P218)


これを読んでいたので、アテネオリンピックで北島選手が不調、平井コーチ自身も病気になった時に、
「天に見られているのに、あきらめたり妥協したら、金メダルが取れないのではないか?日頃から常に恥ずかしくない言動をしていれば、必ず、点は味方してくれるのではないか?」
と考え、頑張れたそうです。










「北島康介」プロジェクト(長田渚左 著)

【自己評価】 ★★☆
【コメント】 北島康介をボランティア同然に育てたチーム北島の五人への取材本だ。
       それぞれ異なる分野の専門家とここまでやりあっていたのか、という発見があった。
       こういう環境に身を置ける力、選ばれる力も才能なのだ。









世界でただ一人の君へ―新人類 北島康介の育て方(平井伯昌 著)

【自己評価】 ★★☆
【コメント】 平井氏の大学時代の話、北島康介との出会いから丁寧に書かれている。しかし、コーチングの内容についての言及は少なかった。平井伯昌コーチの周辺と北島康介のバックボーン(2004年のアテネオリンピックあたり)を知るのには良い本だ。





昨日と合わせて四冊を読み、つくづく感じるのは、
「オリンピックという究極の頂きへ登るコーチングは、最高のものが要求される」
ということだ。平井伯昌コーチは、コーチングに生涯を捧げている。時に体調を崩すほどに。

北島康介と平井伯昌コーチについては、もう数冊、読み進めて見たい気がする。











関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム