自由への『鍵』を手に入れた気がします→「家入一真 × イケダハヤト × Job-Hub(パソナテック)『時代と自分にあった働き方を手に入れる』~「はたらく」をもっと自由に」に参加して

今日、Job-Hub(パソナテック)主催の

「家入一真 × イケダハヤト × Job-Hub(パソナテック)『時代と自分にあった働き方を手に入れる』

 ~「はたらく」をもっと自由に。」

を聞いてきた。



結論からいうと、

「これからは、自分にとっての『なぜ?』を突き詰めてさえあれば、どんな生き方も可能」

ということを強~く感じた。




「自由に働く鍵」として、


イケダハヤトさんは「専門性」と「なぜそれをやるのか?」の二つの側面があるという。


それに対して家入さんは、

「僕はなにも専門性がない。頼めば誰かがやってくれる

とのことでした。(とはいえ、家入さんはPCの知識がかなりあるけど)






炎上についての二人のコメントが面白かった。

家入さんいわく、「炎上してなんぼってところがあります」。

イケダさんは、

炎上も、良い評価も、良い意味で気にしません。

誰のためでもなく、生きたいように、

このままのスタイルで淡々とやっていくだけです



といった力強いお言葉。

ハッとした。

私を始めとした世のほとんどの人は、思考停止したまま、

人々の評価に一喜一憂しているのではないだろうか。






今日は、お二人の雰囲気に直接触れられたことが大きかった。


イケダハヤトさんは頭の回転が早く、思考が深い。

「近々、畑を持とうと思っています。究極のセーフティネットです」

というのが面白かった。




家入さんは、ハンサムな外見とは裏腹に天然キャラ。

そして、いまでも対人恐怖症のころの影響が少しだけ残っている感じ。

聴衆の目線が怖い、という感覚が僕もすごくよくわかるので、共感を感じた。


本田健の立体話法でいうところのポジティブ依存だ。

服装をエンジニアブーツ・ジーンズ・ネルシャツに白いタンクトップと

ハードにすることで(無意識に)バランスをとっているのであろう。


一方で、

家入さんの飾らない、あけすけな性格が

多くの人に信頼され、好かれるところなんだと思う。

(※立体話法については、本田健氏の「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」に詳しい)





自分は、どう生きたいか?

そこから逆算すればいいだけ。

そういった、就職ありきではない新しい生き方を感じた。





では、僕にとって大事なことはなんだろう?

帰路、電車で考えてみた。


・ライフワーク
 真我の至福に浸り、シェアする喜びと一体感を感じる

・環境
 散歩に適した環境(緑の多い空間・自由な時間)

・生活
 チープだけどおしゃれを楽しむ・たまに旅・たまにはおしゃれなお店でショッピング・たまにはヘルシーで美味しい食事・気持ち良い人々との交流


この三つしかない。



この三つさえ回れば、お金はどうでも良いし

それ以外の余計なモノ・コトはイケダハヤトさんのように省けばいいのだ。




あとは、イケダハヤトさんが、

「メディアをもって、自分をコンテンツ化して切り売りする。

マジで面白いです。普通に文章をかける人だったら、簡単です。オススメ」

と進めてくれていることを、やればいい。





新しい光がみえてくるような対談でした。










この本、昨夜、感動して一気読みしてしまいました!激しくオススメ!!
(記事も書きました→家入一真さんのイメージが180度変わりました



新装版 こんな僕でも社長になれた








もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)









イケダハヤトさんのツイート、本当にためになります。
僕にとって、最近、一番良質な情報源です。



フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる (イケダハヤト著)
















関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム