自分の時間の使い方測定は、デスクトップPCよりもノートPCで(消費電力差は5倍)


最近、自分が真我覚醒に向けた努力をしてないんじゃないか?

という焦りが強いので、

「自分の時間の使い方」を計測してみることにしました。



ドラッカーのいう「フィードバック分析」というやつですね。



SLIM TIMERという無料のウェブサービスが、項目別に自動集計してくれるのですごく便利です。

おまけにインストール不要なのが好みです。

これに加え、僕はさらに、エクセルで円グラフ表示させてみました。

グラフ化すると、鮮やかに可視化され、直感的にわかりやすいからです。(SLIM TIMERの有料版だと、グラフ化機能とかあるかもしれませんが)




で、調べてみると、

・エゴというのは、いかに「自分は全く努力していない」と思い込みやすいのか?

・一日の中で、どのように偏りが出るのか?

・つまり、自分の印象と実際の時間の使い方は、激しく異なる

といった、面白いことに気づきます。






数値化することはとても有益なのですが、

エコ&節約志向な私としては、

測定し続ける際の端末の消費電力が気になります。



そこで、ノートPCとデスクトップPCの消費電力差について調べてみました。



というのも、

僕の使用しているレッツノート CF-R6は、激しく発熱して

電気ホッカイロ状態になるため、

「もしかしたらノートPCのほうが消費電力が大きいんじゃないのか?」

という一抹の不安があったからです。



杞憂でした。


「ITコンサルタント日記 ノートPCとデスクトップPCの消費電力は?」によると、

デスクトップPCは、ノートPCの5倍、電力を消費

とのこと。

具体的には、

ノートPCは、約20~50W

デスクトップPCは、約100~200W

となるそうです。




たしかに私が使っているノートPC(レッツノート CF-R6)の説明書を見ると、

最大約40w。定格入力電力値:24W


と掲載されています。


同じく私が使っているデスクトップPC(Lm-i734x-DB24L マウスコンピューター製)については、紙の説明書に

電源500W
エネルギー消費効率 v区分 0.32(a)



などという説明は見受けられるものの、

肝心の消費電力については表示されていませんでした。Googleで検索しても、まったくヒットしないです。(こういうところでも、一流メーカーと二流メーカーの差がでますね(~_~'')

あ、すみません。

すっかり、「アンチ・マウスコンピューター派」になってしまっていたので、つい・・・。

というのも、

マウスコンピューター製のデスクトップPCをニートでありながら14万円の大枚をはたいて購入したものの、半年もたたずに内臓TVチューナーが壊れ、さらに電話サポートの質の悪さ(すぐ、「フォーマットしてください」で済ませようとするなど、知識のない人が8割の印象)などから、「マウスコンピューター」さんには辟易しちゃってるんですよね・・・(~_~'')




え?

「ノートPCより、スマホで計測すればいいんじゃない?」

って?

・・・。


維持費がかかるので、ニートの身としては、

今だ所有を見送っているんですよね~~~ (~_~'')


(そのうち、WI-MAX & 新型アイポッドタッチにしようかな)








フィードバック分析については、こちらで学べます。


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))







時代が生んだ天才、オタキングこと岡田斗司夫さんの「問題解決の思考プロセス」が懇切丁寧に盛り込まれた、稀有な一冊。(思考ツールがメチャメチャ役立ちます!数値化して客観視する簡単なやり方も紹介されています)。岡田斗司夫さんの愛を感じる一冊。


オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (岡田斗司夫 著)






 







関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム