目からウロコの2つの投票戦略→ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること

本日は選挙ですね。

いわゆる無党派層である僕は(そして多くの若者は)、自分の一票の無力さ、

それ以上に現行の選挙に対する絶望感やらドーデモイイ感をも感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。



でも、先日、

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方の著者であり病児保育NPO法人フローレンス代表として有名な駒崎弘樹さんのブログに、

「選挙に行かない男と、付き合ってはいけない5つの理由」

という熱い(そして僕みたいな人間にとっては、実に耳の痛い)投稿があり、

「やっぱり、選挙はちゃんと行かなきゃなー」

と思いました。


また、

政治をポップに 若者の共感得たネット選挙運動のコンセプト考案した24歳語る

という高木新平さんの記事を読むと、

頑張ってる若者もいるんだなー

とも思います。





でも、でも、

なんか、

自分の一票が、どう生きるの?

と、どーしても思ってしまう自分もいたりします・・・(~_~'')





そんな悶々とした気分の中、以下の二つの投票戦略が「なるほど!」と思いました。


まずは岡田斗司夫さんの今日の投稿、「岡田斗司夫の投票戦略」から。


ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること。



岡田斗司夫さんによると、

 まず、各政党や候補者の意見を調査する。
A: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がある場合
 そこに投票する。当たり前だね。

B: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がない場合
 日本共産党に投票する。(ただし、国会議員の10%を超えそうになったら、この戦略は辞める)



ということです。

なるほど~

と思う戦略でしたので、良かったらご一読ください→「岡田斗司夫の投票戦略





そして次に、

以外と盲点だった(思考停止していた)のが国民審査。

最高裁裁判官の国民審査をどうする? 江川 紹子

によると、

「(10名の裁判官を知らない前提で)白票のまま出すのは、『彼らを知らないまま』信認してしまうこと。

 だから、無記入ではなく、×をつける。本来私たちに分かりやすく説明すべき裁判官たちが、その義務を果たしていないから「分からない」。なので、そういう裁判官達、10人全員に×をつける」


「×をつけるのにどうしても抵抗があるという人は、投票用紙の受け取りを拒否し、国民審査のみを棄権する」



とにかく、これまでのように「分からないから」と漫然と無記入の用紙を投じることはやめよう。これでは、国民審査のあり方を変えようという動きすら生まれない。今回こそは、何らかの形で、ぜひ意味ある意思表示をしたいものだ。


ということです。

これはこれで、納得感がありました。



今回、僕は上記2名の意見を参考に投票してみようと思ったのです。





それにしても岡田斗司夫さんの思考法には毎回感心させられます・・・。



さあ、では、これから投票に行ってきま~す。









【マイセレクト関連記事】

 ・選挙に行こう!→「戦争のつくりかた」(かわいくも本質を突いたウェブ小冊子)

 ・ 「岡田斗司夫のスマートノート術」動画まとめ(岡田斗司夫さんの思考術)

 ・言葉で捉えるからこそ、「面白い段階」へ行ける(by岡田斗司夫)

 ・ 「論理」とは何か?~岡田斗司夫いわく、「ごく単純な一能力でしかない」~

 ・村上春樹の習慣術(と観察法) ~とにかく自分をペースに乗せてしまう~

 ・ディズニーランド(私有地)内での無許可な海賊生放送はOKか?→法律がデバイスの進化に追いついてない?!







【追伸】17:20

選挙に行ってきました。

岡田斗司夫式選挙戦略の盲点を発見!!



それは、

東京都知事選には共産党候補がいないこと(笑)

です。(これ、あってますか?少なくとも党名はありませんでした)




それと、

出口調査で三人もの新聞記者?がいて、

「すいません。毎日新聞です。お願いします」

と言われたのですが、断ってしまいました。



ワクワク追求していることでないので、

「思考が深くないし、あまり関わりたくない」

という瞬時の反応が自分の中で起こっていたことに気づきました。






【追伸2】23:20

結果は、自民党の圧勝。民主党の完敗でした。

各党首らとの対話動画があります。

 →池上彰さんがテレビ東京の選挙特番でやりたい放題だと話題に

池上さんの切込隊長ぶりがものすごいです。









 この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義
 







関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム