選挙に行こう!→「戦争のつくりかた」(かわいくも本質を突いたウェブ小冊子)

さきほど、選挙についての投稿をアップしました。

目からウロコの2つの投票戦略→ポイントは「どこに入れよう」ではなく「どうすれば自分の一票が有効に活きるか」で考えること



その後の2時間、さらに情報収集しています。


その中で、特に気になったのがコレ→絵本「戦争の作り方」


ウェブ絵本ですが、日本がかつて戦争に向かっていった過程がシンプルに、淡々と述べられて一気に読ませます。





そして、

高木新平さんのリツイートがとても気になりました。


選挙に行こう!!


と思いました。





以下、引用です。


高木 新平 @よるヒルズ編集長 ‏@Shimpe1
今回の総選挙は鬱になる選挙だ…。投票に行きたくない気持ちも分かる。しかし、あの治安維持法のような自民党改憲案と、それに賛同する日本維新の会を野放し・黙認すると本気でやばいと思う…。根っこから個人の権利が奪われ、中国との大戦争に巻き込まれる。投票はまだ間に合う大事な拒否表明です。





盛田隆二 / Ryuji Morita ‏@product1954
【重要】自民党の支持率は21%。大敗した09年の22%より低い。それなのになぜ「単独過半数」が濃厚なのか?答えは明白。支持政党なし層が62%もいるからだ。だから有権者の2割が投票するだけで自民党は過半数を確保できる。本当は6割の支持政党なし層が選挙の鍵を握っている。投票に行こう!
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート







Koichi Kawakami ‏@koichi_kawakami
今回の選挙は脱原発が最大の争点と考えているが、選挙期間中によりによって憲法改正という大問題まで浮上してきた。これに危機感を感じない人は歴史を学んだことがないのではなかろうか?”「戦争のつくりかた」~池田香代子さんによる読み聞かせ” http://togetter.com/li/422701
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート

これ、ものすごく考えさせられます。

 →絵本「戦争の作り方」


「戦争のつくりかた」~池田香代子さんによる読み聞かせ






高木 新平 @よるヒルズ編集長 ‏@Shimpe1
超大事だったので大量にRTした。



3時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
小選挙区制で政治家を人物で選ぶなんてできない。候補者は全て党執行部が一存で決める。地域の事情など無関係だ。落下傘候補も落とす。そして、選挙はマスコミが吹かす風で決まる。テレビが選挙を仕切る。中選挙区制時代は人物で選ぶ要素が確かにあった。今はなくなった。「政治改革」でそうなった。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


4時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
朝日の11面で、曽我豪が「日本の政党政治はいつ、最低限の秩序を作ることができるのでしょう」などと書いている。いいかげんなことを言うなよ。70年代の政党政治は、今よりよっぽどまともだった。政党は国民の方を向いていた。規律もあった。お前らが「政治改革」でそれを壊したんだ。#asahi
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


5時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
選挙の結果が出て、安倍自民の圧勝と石原維新の躍進が確定したら、マスコミの論調はガラリと変わる。自民党の改憲草案が社会の基本線になる。マスコミは世論調査で安倍新政権の支持率を80%強にする。選挙中はやらなかったくせに、同時に改憲の是非を問う世論調査をやり、賛成を7割にするだろう。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


14時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
目が冴えて眠れない。明日(と言うか今日)の夜は寝られるだろうか。7年前、9月11日の夜、神経が興奮して朝まで起きていたことを思い出す。まだTwitterはなかった。ファシズムの時代の到来を感じ、「改革ファシズムを止める」運動を始めることになった。今回はどうだろう。切迫感が強い。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


15時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
要するに今度の選挙が1932年11月のドイツの選挙と同じですよ。そこから4か月後に全権委任法が成立、ナチスの独裁体制と恐怖政治が始まる。石原慎太郎は、日本は軍事政権になるべきだと明言している。今度の選挙が、後世の歴史において、日本人が民主主義の選挙でファシズムを選んだ選挙になる。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


15時間 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
中国と戦争になるとは思わないだとか、改憲はもっと先だろうとか、徴兵制なんかあるはずないとか、平和ボケした人間が本当に多い。よく考えなさいよ。1年前に、改憲を争点にした総選挙になると思ってましたか。最低賃金撤廃だの核武装だの、政党の公約としてポンポン出る選挙があると思ってましたか。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
「領空侵犯」の件、何で田岡俊次がマスコミに出て疑惑を告発しないんだろう。宮古島のレーダーサイトの能力や、偵察衛星とイージス艦による東シナ海全域の監視体制が、常に中国機の動きを捕捉して領空侵犯を防いできた事実を説明すればいいのに。買収されたんだろうか。それとも脅迫を受けているのか。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
悪い予感が。もしこれが謀略工作だったとしたら、主謀したのは空自で、南西航空混成団が実行部隊ということになる。皆さん、Googleで「南西航空混成団」の画像検索をかけてみて下さい。あの有名な御方の顔が出て来て、ギョッとした気分にさせられる。息のかかった元部下がたくさんおられるはず。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
昨年度だけで156回も中国機へのスクランブルがあったという事実を、テレビ報道は一言も言わない。この問題で最も重要な事実を報道しない。大越健介のNW9も、古舘伊知郎のテレ朝も、これまで中国は海からだけで、空からの接近はなかったと説明している。中国の脅威を煽る宣伝工作に徹している。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
昨夜の大越健介のNW9は、自衛隊OBを出演させ、いよいよ中国が海から空に侵入目標を広げ、海保(警察)ではなく自衛隊を引っ張り出す軍事挑発に出て来たとプロパガンダした。大嘘もいいところだ。中国機へのスクランブルは昨年度だけで156回。スクランブルをかけてなきゃ領空侵犯されている。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
承前)これは安倍晋三を勝たせて改憲させるための自衛隊とマスコミの謀略だ。低空飛行でレーダーに捕捉されないのなら中国機はとっくにそれを試みている。http://p.tl/ejd6 子供騙しを言うんじゃないよ。 選挙の直前に「領空侵犯」させ、騒いで空気を右傾化する謀略工作だ。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート


12月15日 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi
自衛隊とマスコミに騙されてはいけない。疑惑は疑惑として声を上げないといけない。満州事変でも上海事変でも国民は軍部に騙された。疑惑の根拠はこれ http://p.tl/ejd6 だ。 中国機へのスクランブルは2日に1度の日常茶飯事。何で選挙の3日前に「低空飛行」になるのだ。
高木 新平 @よるヒルズ編集長さんがリツイート





たまには真面目な投稿も、ね。













関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム