メンターブームの走り?! (本)ゲーテとの対話

ゲーテとの対話 (まんがで読破)を読みました。


10年前に本田健さんが登場して以来,日本のセミナー界はメンターブームが続いていますが,

エッカーマンによるゲーテとの対話は,

ソクラテスにおけるプラトンに続く,メンターブームの走りです(笑)



漫画とはいえ,そこは「まんがで読破」シリ-ズ。


得るところの多い内容でした。


以下,一部抜粋です。(一部,番号をふるなど,私が編集しています)



■「偉大な才能」とは距離を保つこと

シェイクスピアは偉大だ。
そしてあまりにも豊かであまりにも強烈だ。

創造をしたいと思う人は,彼の作品を年にひとつ読むに留めた方が良い。彼のために破滅したくなければ。

個性が強烈であれば,その人に憧れ,集まる人が出てくる。
しかし,影響されすぎると

(1) 人々はオリジナリティを失ってしまう。

また,

(2) その人との差を感じてしまい,創造の道をあきらめてしまうこともある。

だから,偉大な人とのつき合い方は適当にしておくに限る。



■題はなかった

 古代の詩には題など全然ついていなかった。
 詩に題をつけるのは近代人の習慣。
 作品の名をあげたり,区別する必要から生まれたのだ。



■詩と文章の違い

 散文を書くには,言うべきことを持っていなければならない。
 しかし,言うべきことがない者でも詩や韻はつくれる。その場合には,言葉が言葉を呼んで,最後にはなにかしら出来上がるものさ。実はそれがなんでもなくても,何か曰くがありそうにみえる。
 詩は思いつきで言葉を並べれば読者が勝手に意味をつけてくれる。
 つまり,読者におまかせ出来るのだ。



■ターゲット

 私の作品は大衆のために書いたものではなく,同じような傾向をとろうとしているほんの一握りの人達の為のものなのだ。

 ~私(エッカーマン)は,ゲーテのおかげで教養の大部分を身につけた人々を思い浮かべた~



■経験とお金

 経験を積むとなると,先立つものは金だよ。私が飛ばす洒落のひとつひとつにも財布一杯の金貨がかかっているのだ。
 
 才能があるだけでは十分とは言えない。利口になるにはそれ以上のものが必要になってくる。









【今回の一冊】

 












【関連記事】

(本)これは傑作マンガ!→マルセル プルーストの「失われた時を求めて」 (まんがで読破)

(本)ゲーテ、「おすすめ」と「そうでもないもの」

ゲーテに興味を持ちました→(DVD)ゲーテの恋

(本)「赤と黒」 重厚な「ハーレクイーンロマンの走り」に衝撃を受けました・・・。

(本)武士道 最近,「まんがで読破」シリーズにハマっています













関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム