【作家志望者必読!】電子出版全盛になっても,名編集者が必要だということが良くわかる名作漫画「バクマン」

これほど読み終わりたくなかった漫画は,

久しぶりでした。


今日,「バクマン」 全20巻を読み終わりました。



中学生の同級生二人組が「亜城木夢叶」として,

「週間ジャンプ」に連載しながらアニメ化を目標に奮闘するストーリーで,

作家を取り巻く人間模様が非常~~~にリアルに描かれていて,とても面白いのです。


もちろん,小説やビジネス書とは違うところも多々あるでしょうが,

本質は同じようなものだと思います。



作家同士のライバル心と友情,

作家と編集者の二人三脚な創作活動が,

すご~~く,面白かった!



ライバル(=仲間)達との人間関係と友情,

作家一人ひとりの個性に応じて,アメを与えたり,ムチを入れたりと,さまざまに付き合い方を工夫する編集者達(これがまた,本当に面白いのです!)や,

アニメ化などのメディアミックスする時の大人の事情みたいなもの,


そして,

作家とアシスタントさんとの人間関係や,

日々のスケジュール(ほんとに余裕がない!)など,

作家にまつわるエトセトラを垣間見れるだけでなく,

それがエンターテイメントとして成立している,極上の漫画でした。




一方で,

夢から挫折し,

作家からアシスタントに転落したり,

仲間にストーカーまがいの行為をする人が現れたり,

田舎に帰ったりと,

闇の部分も描かれています。



一話一話がとても濃密でした。(読み終わりたくなかった!)



そういったことが,

「お互いの夢(「作品のアニメ化」と,「その作品の声優になる」)が叶ったら結婚する。

 それまでは一切合わない」


という,ありえないような約束をした中学生時代の同級生同士の純愛を軸に,一気に20巻を読ませます。






これを読んで,よくわかりました。


「たとえ今後,電子出版が全盛となって出版社が消滅したとしても,良い編集者は残る」


ということが,です。


以前書いた記事

 参考→本の書き方 父親=編集者 母親=著者 (「岡田斗司夫さんのスマート読書・本はやっぱり面白い!」より)

を,漫画を通して体感することができました。




この漫画には,「ひたむきに夢に向かって生きる人達」と,

「それを支える縁の下の力持ち」である編集者達や作家の身近な人々

が沢山出てきます。


ほんとに感動しました。













バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)







うわっ!
まさに,メディアミックス?!

小・中学生時代の僕だったら,即買いして,漫画家を目指しかねないです(笑)


マンガ画材 バクマン。 スタートセット




バクマン。コミック画材5点フルセット(スタートセット&カラーキット&テクニックキット& トーンキット1&トーンキット2)
これら,バクマンを読んだティーンエイジャーが沢山買ってるんじゃないでしょうか(当時の僕なら,間違いなく買ってます!)





バクマン。 マンガトーンキット 亜城木夢叶セット





うおっ!

亜城木夢叶の永遠のライバル,新妻エイジまである~~~(笑)!

バクマン。 マンガトーンキット 新妻エイジセット





バクマン。 マンガ家への道











【関連記事】

 ・【一発屋で終わらない!】長い期間、一流の創作を続ける才能と若さの秘密~荒木飛呂彦・村上春樹の共通点~

 ・創造性・天才性は、「精霊」による(村上春樹と宮崎駿、そしてエリザベス・ギルバートはチャネラーだった?!)

 ・村上春樹の習慣術(と観察法) ~とにかく自分をペースに乗せてしまう~

 ・批評の方法は「5つの視点」で(2013年1月岡田斗司夫ゼミより)


 ・作家さんは,結構マスターしてるらしいです
  →親指シフト入力は「普通のJISキーボードのまま」でいい!ポメラで始める冴えたやり方










関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム