【保存版】移住して一年で,田舎の夜道を自転車で安全に走るのに必要な装備がわかってきた(100円ショップも含め,リーズナブルに装備をそろえる方法)


東京から田舎に移住して一年が過ぎました。

都会に比べて,かなり暗い田舎の夜道を自転車で安全に

走るのに必要な装備が,

(ブロックに気づかずに乗り上げてすっ転ぶなど,痛い目もみながら)よくわかってきました。



結論から先に書きますと,

田舎の夜道対策を(よりリーズナブルに)揃えるには,
以下の4点でOK
ということ。


1 前のライト → ジェントス 懐中電灯 閃 355 SG-355B

2 後ろのライト → ダイソーでOK!

3 各種リフレクター(ライトを反射させて目立つ) → ダイソーでOK!

4 《番外編》スマホでグーグル・ナビを使う時のスマホ・ホルダー
  → Zacro 自転車ホルダー




以上,しめて4,000円でおつりがきます。(現時点の価格で)


順にみていきましょう。





■1 前のライト

夜道を,ママチャリによく標準装備されているような自動点灯式ライトだけで走っていたところ,

路肩のブロックに気づかずにスピードを出したままの状態で乗り上げてしまい,

派手にすっ転んでしまったことから,導入を考えました。

(その時は,数カ所を擦りむいてしまい,完治するのに数ヶ月を要してしまいました・・・^^;)


なにせ,都会のママチャリに標準装備のフロントライトは,

夜道を照らすためではなく,

「自動車などに,自分の存在を知らしめるためのもの」

という意味合いが大きく,

かなり暗い道が多い田舎では,ほとんど役に立たないのです(恐ろしいくらいに,見えません^^;)


いろいろ検討した結果,コスパと機能,明るさ等の性能のバランスで


ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

に行き着きました。


実際,どんな感じで光るのか?

こちらに,素晴らしい記事(写真が特に参考になります!)がアップされています。

もっと明るくて安いライト,ジェントス『閃355』(SG-355B)



上を選べばいくらでもあるのですが,
閃355より上をみると,かなり高価になってくることと,
そして,充電式なことが僕的にはマイナスでした。

なぜなら,充電式電池が劣化して,おそらく1~2年程度しか使えないからです。
なので,できればエネループを使いたいのです。

エネループなら,簡単に買い換えられます。(といっても2100回も充電できるので,なかなかへたりません)

この閃355エネループ(単4)が使用できます。


それと,特筆すべは,この製品はエネループの電池容量が落ちてきても,ぎりぎりまで光量が落ちない点。
そういう回路の改良がなされているようです。

さらに,この閃355には,ジェントスの他の製品にはあまりついていない点滅機能もついています。

なので,予備電池(エネループ)を持ち歩かなくても,帰路を点滅機能でかわすことができるんですよ~ヽ( ´ー`)ノ

極力,荷物の重量を減らしたい(予備のエネループを持ち歩きたくない)僕にとって,これはとてもありがたい機能。

おなじジェントスで,光量が1.5倍の150ルーメンあるやつとか,
2倍の200ルーメンあるやつとかもあるのですが,
この点滅機能がなかったり,実用点灯時間が半分しかなかったりと,

いずれも閃355に比べると,

「帯に短したすきに長し」

といった感じです。(レビューを読みまくり,いろいろとみえてきました^^;)

他社製品では,1000円未満で似たようなライトもあるのですが,

ボタン電池も併用しないと光量がでなかったりと,

いずれも微妙な感じでしたし,

充電式は重いし,使えなくなるのが速いので却下!

という結論です。


なお,ロードバイクとかで思いっきりスピードを出す場合は,

閃355の光量ではさすがにたりない印象です。

なので,2個使うとか,充電式のライトを使う必要が出てくると思います。

(僕は,夜道はそこまではスピードを出しません)


それと,僕は,盗難対策として,
この閃355は毎回ホルダーから外しています。

ワンタッチで,かんたんに外れます。


あと,実は閃355の数少ない欠点として,

「エネループをつけっぱなしだと,放電しやすい」

という問題があるのですが,

これは,使用後に電池ホルダー(シリンダー)を毎回,外しておくことで解決できます。





■2 後ろのライト

道が狭く,車社会である田舎道では,バックライトは非常に重要です。

いかに,自分の存在を知らしめ,追突を避けるか?

がキモです。


一番のおすすめは,こういった大光量かつ点滅するもので,
評価の高い以下のような商品。


CAT EYE(キャットアイ) セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 オムニファイブ リア用


ですが,これは1000円以上します^^; (今日現在)


でも,実はこれ,ダイソーのバックライトでも十分代用できることを発見しました!

↓↓↓



まさにこの形の製品がおすすめ!(私もこれと同じタイプを使っています↑)


単4電池を2本使うタイプで,本当に目立ちます。

(製品の名前がわからなくて,すみません^^; )

「5つのレッド電球」 「赤色」 「単4電池を2つ使用」 「点滅モードが2種類と,常時点灯モードあり」

というのが特徴ですので,探してみてください。


数年前のダイソーのバックライトは,ステーのプラスチックが弱くて,

すぐにずり落ちてしまって使い物にならなかったのですが,

上記のタイプはかなり改良されていて,全く問題なく使用できます。


注意は,同じダイソーでも,ボタン電池型は光る面積と光量がいまいちなこと。



そして,ダイソーのライトを使う大きなメリット。

それは,

盗まれる心配をしなくて良いことヽ( ´ー`)ノ

です。


CAT EYE(キャットアイ) セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 オムニファイブ リア用ですと,性能的には一番良いのでしょうが,

盗難が心配で毎回,外すことになってしまいそうです。

そうすると,荷物が一つ増えちゃうんです。


日常で,気にしないでいられること。

これ,僕にとってとてもポイントが高いんです。


なので,こちらにはエネループではなく,

普通のアルカリ乾電池を使ってます。


ちなみにこちら,防水ではないみたいなのですが,

椅子の下に設置していることと,

「雨の中で駐輪しない」(どうしても必要があの時は,外す)

ということで対応しています。

この運用で今のところまったく問題ありません。





■3 リフレクター(車のライトを反射させて目立つ)

これは,それこそダイソーで多種類販売されています。

ダイソーでOKでしょう。


僕は,

ダイソーの自転車スポーク用反射板(リフレクター)

反射板10P

といったものを,なるべく外観を損なわないように(極力けばけばしくないよう,控えめに)つけていますが,

さらに万全を期するなら,


ミズケイ 役立~ツ LED付き反射タスキ たすけ帯 イエロー 3301505

こういったものをたすきがけにするとさらに万全です。

(僕はまだ,ここまではやれていませんが・・・。

安全とファッション性は相容れないところがあります・・・。^^;)


なんと,

このタイプもダイソーに売っています。(ただし,LEDはないですが)





【番外編】 スマホでグーグル・ナビを使う時のスマホ・ホルダー → Zacro 自転車ホルダー

田舎道は,曲がっていたり,斜めったりと,

スマホのナビが必須です。

(それまで,スマホを持たなかった頑固者の私ですが,

田舎に来て,道がとにかくわかりずらくて,

グーグルのナビがほしくなり,

とうとうSIMフリースマホのヒット作 ZenFone 2 Laser

を購入しました。(スマホの利便性に,いまでは完全にハマっています)


でも,スマホを片手にもちながら自転車を漕ぐのは

色んな意味で危なくて仕方がない(運転はもちろんのこと,スマホを落として壊すリストもあります)


そこで,スマホホルダーを導入しようと。


結果的に,お試しで買ったこれが大正解でした。



Zacro 自転車ホルダー スマートフォンホルダー 自転車用 360度回転 多機種対応


横のガイドと,大きなゴムの二重ホールドで,

田舎のガタガタ道でも,スマホが外れそうになったり,

あるいはヘッドが変な方向にずれたりすることもなく

実に快適です。

そして,運転中に,とても見やすい!

予想以上に良く,

自転車ライフが変わった!

と感じるほど,導入して本当によかった逸品です。




それと,Zacro スマートフォンホルダー 自転車用の思わぬ効用。

それは,

盗まれる心配が必要ない!(パート2) ヽ( ´ー`)ノ

ということ。


なにせ,スマホを設置していないときのたたずまいの

微妙なダサさ?というか,

洗練されてない?

「なに,これ?」

的な雰囲気があるんですよ。

(といっても,僕はそのたたずまい含めて結構気に入ってます^^;

それに,スマホを装着すると,赤色がアクセントになって,かなりかっこ良いです。ホントに)


それに,800円しません(現時点で)。


AMAZONで売れ筋のスマホホルダーは,

1500円前後とか,倍くらい高かったりします。


ということで,

田舎に移住して一年ちょっと,

試行錯誤した中でみえてきた

「田舎の真っ暗闇を自転車で安全に走るのに必要な装備(リーズナブル編)」

でした~

















【関連記事】

【簡単に解決!】自転車(ママチャリ)のブレーキ調整って,簡単でした(すごく良い動画を発見)














関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム