夢:二人の女性

今、うたた寝をしながら夢をみた。



実際の僕の彼女を紹介してくれた20代後半の女性「かなえ(仮称)」と、

若い女性(女子大生?)の、「みほ」(仮称。非実在の人物。)。

そして僕の三人が登場人物だ。(つまり、僕にとっては極めて都合のよいシチュエーションだ)




僕は、ピュアで若い、素直なみほと、いい仲だ。

かなえと三人で、古い廃墟のような建物の二階にいる。(まるで戦時中のドイツの建物みたいだ)



みほは、幸せそうだ。カナリアのように陽気で、強くはないけど素直な光を放っている。



みほは、20代後半の落ち着いた女性。


僕らを、一歩引いた感じで見守っている。





右肩に、鋭い痛みが。

みると、みほに針を刺され、血痕が一点できていた。


でも、みほをみると、それ以上に大きな穴(貫通しているようだ)を左肩にあけていた。


背徳的なまでのなにかを感じた。




声をかける間もなく、

一階に降りていくみほ。



かなえに、その状況全体を察する力は、ない。


僕は、かなえといっしょにいるのに、みほが心配でならない。



世の中を、すごく悲観的に捉える女性だから・・・。







なぜ、みほに針を刺され、血痕ができる夢をみたのか?
映画「アバター」を、さっき観ていたからかもしれない。(主人公が、長老の奥さんにナイフで刺され、血を試されるシーンが出てくるのだ)








関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム