スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスコンピューター製の地デジパソコンを購入した理由

今回、約8年ぶりにパソコンを購入した。


日本のマウスコンピューター製のパソコンだ。


地デジ対策も含め、購入したのは

地デジパソコンの

パーソナルパワーモデル ブルーレイドライブ標準搭載、薄型軽量、省電力のLED液晶セット。

型番は、

LuvMachines i734X-DB24L

だ。これに、いくつかのオプションを追加した。(そのうちまたレポートしたい)


マウスコンピューターのLuvMachines i734X-DB24Lを購入した理由は、

地デジパソコンの中で、

1 ハイスペックで、(今後7年くらい使え、録画中も普通にいろんな作業ができること)

2 液晶画面が目に優しいノングレア(非光沢)であること (他社の地デジパソコンは、知る限り全て蛍光灯が映り込むグレア液晶だった)

という2点が一番の理由だ。


僕のパソコン選びはいつも、ハイスペックPCを購入する。アンプやスピーカーなど、いろんな外付け周辺機器をつけるし、ちょくちょく交換するのが面倒だからだ。

また、場所をとりたくないため、音楽、テレビ、映像、PCを一台で済ませたいと思った。

かといって、パソコン作業時の見やすさに妥協したくない。(グレア液晶は駄目だ。かといってノングレア型を購入し、すぐにノングレア化シートを貼るのもやりたくない。実は今の19インチモニターが三菱のグレア液晶は、シートを貼ることで対応している。でも、どうしても気泡が入るし、気分がいまいち上がらない。)


それを考えると、マウスコンピューターしか残らなかったのだ。





以下、注意した点を網羅的にメモしておく。


1 ディスプレイ

 作業時に目に優しいノングレア液晶であること。(ここで、マス狙いでグレア液晶採用の大手メーカー系の地デジパソコンは、すべてアウト。)

 ・いま使用中の19インチよりも大きいモニターで、かつパソコンを設置するエレクターに収まるサイズ。

 ・部屋にパソコン用とテレビ用のモニターを存在させたくない。なので、モニターはPCとテレビ兼用とする。

 ・フルHD対応
 1920×1080ドット以上

 ・HDMIケーブル接続ができる(万が一、HDDレコーダーを導入した場合も、PCモニターで見れるようにしておくため)

 マウスコンピューター
 ・24インチか、27インチのイイヤマ製
  27インチは一年前のモデルだそう。24インチについては、LED使用。消費電力が約2倍である。しかし、画面の大きさは魅力。設置予定の家のエレクターに入ったので、思い切って27インチにした(8千円の追加で、27インチにできた)



2 テレビ用リモコン付き



3 ムーブ(動画の移動)がなるべくできるものにする

 ・ダビング10に対応



4 静音
 ・パーソナルパワーモデルのCPUは90
 ・パーソナルパワーハイエンドモデルは120
 マウスコンピューターの秋葉原店に行き、店員さんに確認したところ、パーソナルパアーモデルの方が発熱も少なく、静かだとのこと。



5 サポート体制がある程度きちんとしていること。
  ここ数年、努力しているそうだ。
  →http://oblique-toe.com/mc/custom/s&s.html

  秋葉原店の店員さんも、自分から声をかけてくださり、とても誠実にすべての質問に答えてくださった。



6 キーボード

 左下がCTRLキー

 たぶん大丈夫みたいだ。白モデルと黒モデルと仕様が違うが、店舗の店員さんでも確認ができない。
 白モデルの方が、余裕のある配置。

 ・音楽再生ボタンがあると良い。OR音楽再生リモコンがあると、もっと良い。
  →ない



7 下取り
  マウスコンピューターでは3150円だが、ソフマップ等に引き取りサービスがあり、そちらの方が遥かに高くなりそう。

  よって、マウスコンピューターの下取りサービスは頼まない。



8 PC電源の立ち上げをせずに、テレビが見れるか?

  みれない。OSに依存しているため。



9 メモリーの拡張性は?

 パーソナルパワーモデルのCPU「インテル i7-2600の方は、最新。スピードも速いそう。ただ、マザーボード的に、パーソナルパワーハイエンドモデルの方が拡張性が高い。
 パーソナルパワーモデル メモリーは8GBがMA。
 パーソナルパワーハイエンドモデル メモリーは最大24GB。(ただし、OSのWIINDOWS7がプロフェッショナルであることが条件)



10 録画画質は何段階か?

  4段階である。



11 映像用のリモコンはどんな感じか?

  通常のハードディスクレコーダーと遜色のない感じである。



12 デジタル放送を録画しながら通常の作業もやるということについてはどうか?

 問題ない。他社地デジパソコンに比べて、遥かにハイスペック。(他社地デジパソコンで、ここまでのCPU、メモリーを装備しているものはほとんどない)

 対応してくれた店員さんは、i3のCPUと4GBのメモリーのPCを使っているが、録画しながら通常の作業をしても、ほとんど問題ないとのこと。



13 ハードディスク増設について

 1TB→2TBにすると、発熱量があがる。若干だが、悪影響はなくもない。外付けハードディスクおそのときに導入するのでもよい。
 7200か、5400回転かでも、早い方が発熱がある。
 しかし、パーソナルパワーモデルの方が発熱に優しいパッケージなので、問題はないと思う。

 対応してくれた店員さんは、ノートPCも自分で7200回転にハードディスクを交換するそうだ。それだけスピードが体感的に違うそう。そこで、私も7200回転にすることにした。



14 本体等の色について
 色は、黒と白がある。

 インテリアなどとあわせることを考えると、自分の場合は「白」がいい。

 でも、秋葉原店には白色のモニターやキーボードの展示がなく、確認できなかった。

 また、なにより白は、3年もすると、徐々に黄ばみだしてくる可能性が高い(使っていた2代前のデルのデスクトップパソコンが黄ばんだし、エアコンもそうなったことがある)。
 ネットで調べると、漂白液のようなものにつけることでよみがえったりするようだが、こんな作業はしたくない。
 長く使うことがコンセプトである私としては、白の選択はし辛い。
 よって、黒色とする。








関連記事

テーマ : 【無理な努力なし】に、好きなことで幸せになる
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

れおん
東京在住。2011年初旬に安定した仕事を辞め、いくつかのお金の流れを創りつつ「真の幸せとは何か?」「自由とは?」を探求中。かなりの手応えを掴み、探求をほぼ終えつつあります。縁のあった少数の人に「好きな事をビジネスにして楽しく生きる」ためのコンサルティングをしています。興味のある方は「メールフォーム」から気軽にメッセージをお送りください。

れおん


全記事数は?
全タイトルを表示
「親指シフト入力」を一気にマスターできるポメラ
プリンターを安く使う裏技

タダプリント インク4色セット ビッグタンク(66本相当)を使ってから、高価なインクコストを気にせずプリントできるようになりました。ビッグタンクなので面倒なインク交換もまず不要。タダプリントが使えるブラザー製プリンターに変えて大正解でした。
最新記事
部屋が広くなりました♪
カテゴリ
初めて満足できたシュレッダー
PCにつけるだけで,オーディオになりました
リンク
全クリエイターの教科書!
キュートで軽く,中身はライカ!

ミラーレス一眼が流行っていますが、 ルミックスLX7はそれに迫る性能なのに圧倒的な軽さと大口径ライカレンズを実現。取材や日常使いカメラとして僕は断然こちら。友人の女性編集者もこの小粋な高性能カメラのオーナーです。
シャンプー×リンス×洗顔フォーム=石鹸1個で月89円
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
スポンサード・リンク
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。